参考書英語の参考書

『ターゲット中学英単語1800』の特徴と勉強法!シンプルな単語帳で難関高校入試を突破しよう!

更新日:

大学受験向け英単語帳の鉄板「ターゲット」シリーズ。実は中学生向け・高校受験向けにも「高校入試出る順ターゲット中学英単語1800」というものがあります。

非常に有名なので、名前を聞いたことがあったり、実際に使っていたりする方も多いのではないでしょうか。

この単語帳は「効率よく英単語を覚えたい!」「自分の志望校レベルの英単語だけを覚えたい!」といった人にオススメの一冊となっています。

この記事では「高校入試出る順ターゲット中学英単語1800」の特徴と使い方をお伝えします。

「ターゲット中学英単語1800」の基本情報

「ターゲット中学英単語1800」は高校入試の過去問を分析し、頻出度の高い1800語を入試にでやすい順にまとめた単語帳。志望校合格に必要な単語だけを効率よく覚えることができます。

「ターゲット中学英単語1800」の特徴

「ターゲット中学英単語帳1800」はシンプルなデザインの単語帳で、大事な情報だけがコンパクトにまとまっています。

単語は基礎から難関校レベルまでがレベル別に配置されているので、自分にあった範囲だけを選んで学習することが可能です。

「ターゲット中学英単語1800」の特徴1:単語が入試にでる順にまとめられている

1つ目の特徴は、「単語が入試にでる順にまとめられている」ということです。

この単語帳は高校入試の過去問を分析し、入試問題を解く際に必要になりやすい単語から順に1800語をまとめています。

他の単語帳だと意味グループごとに単語が並べられているものも多いですよね。その場合は似た意味どうしの単語をまとめて覚えるので、記憶に残りやすいというメリットがありますが、自分の入試に必要のない単語も覚えないといけないというデメリットもあります。

「ターゲット中学英単語1800」なら自分の志望校に必要な単語だけを覚えられるので、効率よく勉強できます。

「ターゲット中学英単語1800」の特徴2:発音記号にカタカナ表記が付いている

2つめの特徴は「発音記号にカタカナ表記が付いている」ということです。

単語を覚えるときは、その単語の「発音」と「意味」を結びつけて覚えますよね。

ですが単語の発音を調べようと思った時に、「発音記号が読めなくて正しい発音が分からない…」となった経験はありませんか。

「ターゲット中学英単語1800」なら発音記号の上に、発音をカタカナ表記したものが付いているので、その心配がありません。

「ターゲット中学英単語1800」のレベル

レベル:全学年向け 基本〜応用レベル

この「ターゲット中学英単語1800」は、レベル別に単語がまとめられた単語帳。

中学1年生が簡単なレベルの単語から覚えていくのにも使えますし、難関高校を目指す受験生が基礎的な単語の確認と難単語を暗記するのにもオススメです。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 入試で必要な英単語だけを覚えたい!
  • 発音記号が読めない!
  • 最初の1冊目の単語帳を探している!
  • たくさんの単語がのっている単語帳が欲しい
  • 英語音声と一緒に単語を覚えたい!
  • 小テストがついた単語帳が欲しい!

「ターゲット中学英単語1800」は大事な要素だけをまとめたシンプルなデザインの単語帳なので、そういったデザインが好きな人にオススメです。

逆にイラストや、一言コメントが付いている方が好きいう方には「「カゲロウデイズ」で中学英単語が面白いほど覚えられる本」「ボカロで覚える中学英単語」がオススメです。

〜「「カゲロウデイズ」で中学英単語が面白いほど覚えられる本」の記事に飛ばす〜
〜「ボカロで覚える中学英単語」の記事に飛ばす〜

また、英語がとても苦手だったり、英単語を暗記するのが苦手な方には「中学英単語をひとつひとつわかりやすく」がオススメです。

この単語帳は英単語ひとつひとつにわかりやすい解説がついていて、英語が苦手な人にやさしいものになっています。
〜「中学英単語をひとつひとつわかりやすく」の記事に飛ばす〜

「ターゲット中学英単語1800」の使い方・勉強法!

ここからは、「ターゲット中学英単語1800」の具体的な使い方をまとめていきましょう。単語帳は使い方次第で「全然身につかない」ということになってしまいます。

原則は「短い期間で」「何周も」取り組むこと。このことについて詳しく見ていきましょう。

「ターゲット中学英単語1800」の使い方の基本ステップ

基本的なステップはこのようになっています。

1周目

Step1.
1ページの単語の意味を見て覚える
Step2.
覚えたと思ったら、赤シートで単語を隠して、意味が言えるかテストする
Step3.
意味がいえなかった単語をもう1度覚える
Step4.
もう一度赤シートでテストする
Step5.
これを100単語(1Section)ぶん繰り返す

1周目はできなくて当たり前なので、分からない単語がたくさんあっても落ち込まないようにしましょう。一度単語を見ただけで暗記することができる人はほとんどいません。何度も忘れては覚えてという作業を繰り返すことで次第に記憶に残るようになります。

2周目

Step1.
赤シートで単語を隠して、意味が言えるかテストする
Step2.
意味がいえなかった単語にしるしをつける
Step4.
間違ったものだけを完璧だと思うまで繰り返し覚える
Step5.
完璧になるまで繰り返す

2周目以降は、覚えられていなかった単語だけを繰り返し復習するようにしましょう。この方法を続けることで効率よく単語を覚えることができます。

「ターゲット中学英単語1800」の勉強法の大原則

「ターゲット中学英単語1800」を使う上での大原則は、次の2つです。

  • なんども繰り返す!
  • かならずテストする!

この2つを守ることで、単語が記憶に残りやすくなります。

単語の暗記に近道はありません。ひたすら忘れては覚えるという作業を繰り返す以外に単語を記憶に定着させることはできないのです。

何度も忘れて大丈夫ですので、記憶に定着したと思うまで「ターゲット中学英単語1800」を何周もしましょう。

そして、記憶に定着させるコツに「テスト」をすることがあります。

単語はただながめるより、「なんとかして思い出そう」という刺激を脳に与えると覚えやすくなります。

この刺激により、脳に負荷がかかり、そのときは思い出せなくても次回以降の記憶定着につながるのです。

「ターゲット中学英単語1800」には単語テストを出してくれる無料アプリがありますので、そちらを有効活用してみてください。
https://apps.apple.com/jp/app/%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%90%91%E3%81%91-%E9%AB%98%E6%A0%A1%E5%85%A5%E8%A9%A6%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88/id1466914617

こんな使い方は要注意!「ターゲット中学英単語1800」使い方のコツ

ここからは、「ターゲット中学英単語1800」を使った勉強で気をつけてほしいことをまとめていきます。

「ターゲット中学英単語1800」使い方の注意

先ほどあげた2つの原則を、もう一度思い出しましょう。

  • なんども繰り返す!
  • かならずテストする!

これ以外にも、「ターゲット中学英単語1800」だからこそ気をつけてほしいことがあります。

自分に必要なレベルの問題だけを解く

「ターゲット中学英単語1800」は、5段階のレベル別に単語が分けられた単語帳。みなさんレベル1から順にこの単語帳を覚えていくと思います。

ただ、無計画にレベルを上げていくと、自分の志望校に必要のない単語まで覚えてしまうことにもなりかねません。

この単語帳に取り組む前には、自分の志望校などをふまえて、レベル1から5まである中のどのレベルまでを覚えるのかを先に決めるようにしましょう。

具体的なレベルの目安としては、

  • レベル1〜2 :公立高校を目指す人
  • レベル3 : 公立ハイレベル校を目指す人
  • レベル4 : 私立高校・国立高校を目指す人
  • レベル5 : 難関校を目指す人

となっているので、自分の志望校が決まっている人は自分の志望校のレベルまでの単語はすべて覚えるようにしましょう。

また1、2年生で志望校が決まっていないという方は、「まずはレベル1が完璧になるまで何周もしたら次はレベル2を完璧にする」というように、一つずつレベルを上げていくようにしましょう。

こういう使いかたもある!「ターゲット中学英単語1800」を最大限活用するコツ!

ここまで「ターゲット中学英単語1800」の使い方を説明してきましたが、「ターゲット中学英単語1800」には他にもオススメの使い方があります。

アプリを活用する

https://apps.apple.com/jp/app/%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%90%91%E3%81%91-%E9%AB%98%E6%A0%A1%E5%85%A5%E8%A9%A6%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88/id1466914617
こちらの公式アプリを使えば無料で単語の3択問題に取り組めるほか、単語と例文の英語音声を聴くことができます。英語音声を聴くことでより記憶に定着しやすくなりますし、リスニング対策にもなりますので、ぜひ一度使ってみてください。

まとめ

この記事で押さえてほしいポイントは次の3つでした。

  • 「ターゲット中学英単語1800」は入試にでる単語だけを効率よく勉強できる
  • 「なんども繰り返す」「テストをする」
  • 単語テストと英語音声を利用できる無料アプリがある

最後にもう一度「ターゲット中学英単語1800」がおすすめな人をまとめておきましょう。

  • 入試で必要な英単語だけを覚えたい!
  • 発音記号が読めない!
  • 最初の1冊目の単語帳を探している!
  • たくさんの単語がのっている単語帳が欲しい
  • 英語音声と一緒に単語を覚えたい!
  • 単語テストアプリ付きの単語帳が良い!

今から対策する、都立入試対策セミナー

「都立入試徹底攻略セミナー」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っているこうこうせい学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-参考書, 英語の参考書

関連記事

基礎力をさらにプラス!「出口の国語レベル別問題集1基礎編」の使い方と勉強法!

国語はいきなり成績を上げるのが難しい教科です。そのためまずは「出口の国語レベル別問題集1基礎編」で、徐々に基礎を固めていきましょう。

「中学歴史をひとつひとつわかりやすく。」で苦手な歴史もサクッと復習!正しい使い方と賢い勉強法

中学の歴史をざっくりと、基礎の基礎レベルから学べる参考書が「中学歴史をひとつひとつわかりやすく。」です。この記事では使い方と勉強法をお伝えしていきますので、是非参考にして勉強を進めていきましょう。

イラストや動画で苦手を無くす!『中2英語をひとつひとつわかりやすく。』の正しい使い方と勉強方法!

定期テストでの点数が低く、思うように英語が伸びない中学生も多いはず。そこで、レッスン動画やイラストが豊富な「中2英語をひとつひとつわかりやすく。」で少しずつ苦手を克服しましょう!

「英語長文読解の基礎 高校入試対策(10日間完成)」なら短期間で長文の基礎が身につく!

英語長文は苦手だけどコツコツ勉強するのも苦手…。それなら「英語長文読解の基礎 高校入試対策(10日間完成)」!短期集中で長文の基礎を身につけるコツがここにありますよ。

「中学英語長文1」で読み方の基礎を身につけよう!

「英語の長文が苦手」な人は、そもそも「読み方」を知らないのかもしれません。それを学べるのが「中学英語長文1」。今回はその参考書の使い方を徹底的ガイドします。