都立入試

都立国立高校入試国語!直前期で対策すべきこと!

更新日:

都立国立高校の入試まであとわずか。国語が不安だけど「限られた時間で何を勉強すればいいのか分からない!」「時間がないけど成績が上がっていない!」と焦る受験生も多いと思います。

 

そこで今回は、都立国立高校の入試直前期における国語の対策について説明します。効率良く勉強するための方法注意すべき点について説明しますので、参考にしてください。

 

入試直前期で対策すべきこと

入試直前期は時間が限られています。そこで「効率良く勉強すること」が成績アップのカギです。

 

ここでは、都立国立高校の国語について、入試直前期で対策すべきことをご紹介します。

 

解けなかった問題を優先して対策をする

入試直前期に効率良くよく成績を上げるには、「できる問題をたくさん解く」ことよりも「できない問題を減らす」ということが重要です。

 

そのため、過去問や模試で間違えたときは解説を見て終わるのではなく「何が原因で解けなかったのか」についてしっかりと押さえ、自分の苦手に応じた対策を取ることが成績アップのカギです。

 

それでは国語においてはどのようなことを苦手と感じる方が多いのでしょうか?

 

ここからは、都立国立高校の国語の「失点してしまった具体的な原因と対策」の具体例について、4つ挙げますので参考にしてください。

 

問題の文章を読むのに時間がかかってしまった

特に都立国立高校のような文章量の多い問題では、読むのに時間がかかってしまい最後まで問題を解けない場合が多いと思います。

 

その対策として、まずは「文章を少しでも多く読むこと」が大切です。

 

文章が読むのに時間がかかってしまう人は、読書嫌いであったり文章を読むことに慣れていない場合が多いです。

 

このような場合は少しでも多くの文章に触れることが必要です。地道ではありますが、1日10分でもよいので「新聞を読む」などをして文章に触れる機会を増やしましょう。

 

次に「文章を読み直す癖を減らすこと」も重要です。

 

このケースは説明的文章で多く、文章の要点や構成を理解できていないため、必要のない箇所を何度も読み返して時間をとられている場合があります。

 

このような文章の要点や構成などの論理的展開を理解するためには、「要約文を書く」ことが効果的です。

 

なぜなら、要約文を書くことで「文章の要点が書いてある箇所をを見つける力」や「筆者の言いたいことを理解しながら文章を読む力」がつき、結果的に文章を読み返す時間を減らせるからです。

 

具体的には「過去問などの問題文の要約文を100~200字程度で書いてみる」などから始めるのが良いと思います。

 

要約文を書いたら、自分の書いた文章がしっかりと要点をつかめているか、学校や塾の先生に確認してもらいましょう。

 

漢字の読み書きができなかった

都立国立高校の国語の漢字の配点は、読み取り書きで計20点あります。これは決して無視できる点数ではありません。

 

つまり、漢字が苦手な人ほど、漢字の失点を減らすことで国語の得点アップが狙えます。

 

漢字の点数を確実に上げるには出題範囲を満遍なく復習することが重要です。漢字に注力する時間のある人は、これまで自分が使ってきた漢字ドリルや漢検の対策本などを活用して分からなかった漢字を中心に復習しましょう。

 

しかし、どうしても漢字に割く時間が無い人は、参考書などにある「受験頻出の漢字」に絞って勉強するという方法がオススメです。

 

時間配分をミスして最後まで問題を解けなかった

確実に解けるはずだった問題を残して時間切れとなることは非常にもったいないです。そのため、時間配分感覚をしっかりと身につけることが必要です。

 

特に、都立国立高校の国語の入試問題は、前述したとおり文章量が多くじっくり問題文を読んでいられません。

 

そのため、できる限りたくさんの過去問を解き、問題文を読んで設問を解く時間の感覚をあらかじめ身につけることが大切です。

 

時間をしっかりと測り、作文問題も忘れずに解きましょう。

 

古文・漢文の問題ができなかった

漢字の読み書きに比べ、古文・漢文は覚える範囲が比較的少ないです。そのため、直前期でも得点アップを狙いやすい分野です。

 

「今までほとんど古文・漢文を勉強してこなかった」という人ほど、古文・漢文の点数の底上げをすることにより国語の点数の大幅な伸びが期待できます。

 

知識不足の場合は古文・漢文の参考書を総復習し、演習問題で間違えた箇所については教科書や参考書をしっかりと見直し、知識不足を補いましょう。

 

入試直前期で注意すべきこと

この章では、入試直前期に受験生の方が注意すべきことについてご紹介します。

 

新しい参考書には手を出さない

直前期で新しい参考書に取り組み始めることはおすすめしません。

 

模試や過去問を振り返り知らないことが出てくると、不安になってしまい新しい参考書や問題集に手を出してしまいがちです。

 

しかし、直前期に新しく買った参考書の内容を全て覚えることは、時間の限られた直前期では基本的にはできません。

 

また、新しい参考書をやることばかりに集中してしまい、本来すべき「苦手の克服」や「復習」などがおろそかになりやすいです。

 

さらに、直前で難しい問題集を買ってしまうと、問題を解けずに自信の低下にもつながる場合があります。

 

受験本番では気持ちの状態も大切。自信のある状態で本番に挑むことが理想です。

 

そのため、今まで使い込んだ参考書や漢字ドリル、国語便覧などを使い勉強するようにしましょう。

 

体調管理に気を付けよう

入試の直前には、体調管理が最も重要です。睡眠不足には特に注意してください。

 

都立国立高校の入試問題では、非常に難易度の高い過去問もあり、過去問などで解けなかった受験生も多いと思います。

 

このような難しい問題が解けずに焦ってしまい、夜遅くまで勉強する受験生は多いと思います。

 

しかし、夜遅くまで勉強しても、体調不良を起こしてしまったり集中力が低下してしまい、結果的に翌日からの勉強が非効率となってしまう場合がほとんどです。

 

このように勉強の効率を落とさないためにも、寝る時間をしっかりと確保することが大切です。

 

どうしても勉強時間を増やしたい場合は、「寝る時間を削る」ことよりも「起きているときの無駄な時間を勉強に充てる」ことができないか検討してみましょう

 

例えば、「学校の休み時間や通学時間を活用して漢字の復習する」「直前期はテレビ番組を見る時間を減らして勉強時間に充てる」などです。

 

改めて自分の生活を振り返り、勉強に充てられる時間を探してみると良いでしょう。

 

他にも体調管理として、「食事は同じ時間に食べる」「手洗いうがいをしっかりする」など、家族全員で協力することも大事です。

 

まとめ

入試直前期は、自分の得意な問題を解くばかりではなく「苦手を減らす」ことにも取り組むことが成績アップのカギです。間違えた問題はしっかりと対策をして、解ける問題を増やしていきましょう。

 

さらに、勉強面だけでなく「体調管理に気を付けること」もとても大切です。

 

受験まで時間が無くても焦る気持ちを抑え、十分な睡眠時間を確保してください。気持ちも身体も万全の状態で受験を迎えるようにしましょう。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っているこうこうせい学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-都立入試

関連記事

都立新宿高校入試国語!実は国語も直前期に点数アップ可能!

都立新宿高校の入試が近づき、国語への不安を抱えている受験生も多いはず。この記事では、「勉強法が分からない」「当日パニックになるかも」といった受験生の悩みを一気に解決する必勝マインドや一週間前から当日にかけての合格のための作戦まで徹底解説します!

都立立川高校入試の数学!直前期の対策で迷ったらコレ!

高校入試の直前にやるべきこと、やってはいけないことをご存じでしょうか?本記事は、入試を目前に控えた都立立川高校受験生にフォーカスしています。受験期の冬を有効に使って、立川高校に入学しましょう!

都立墨田川高校入試国語!直前期で対策すべきこと!

  都立墨田川高校の入試まであと少し…!しかし、入試の直前期になって何を勉強すればいいのか分からなくなってしまう人も多 …

都立国立高校入試英語独自問題の傾向と対策!難しい問題集にもチャレンジしよう!

都立国立高校入試の英語問題では、都立高校共通のリスニング問題に加え、独自の英語問題が出題されます。   英語の独自問題では標準的な …

都立新宿高校入試英語!直前期に1点でも手を伸ばすテクニックを徹底解説!

都立新宿高校の受験も目前に迫り、「ソワソワして勉強が手につかない」「本番ミスしないか心配」といった不安を抱える受験生も多いはず。この記事ではそんな受験生の直前期の対策や必勝マインドについて徹底解説します!