都立入試

都立西高校入試英語の直前対策ですべきこと!【直前期、入試当日】

更新日:

入試が迫ってくると、不安や緊張でなにを勉強すればよいのかわからなくなってしまう生徒は少なくありません。

直前に勉強をしても学力はそれほどあがらないかもしれませんが、入試の点数をあげるためにできることはあります

この記事では「入試直前に対策すべきこと」「入試当日にやった方がよい対策」についてご紹介します。

これを読んで少しでも多く点数を取るために直前対策の参考にしてください。

入試直前期に対策すべきこと

入試直前は実力をあげるよりも、少しでも多く点数を取るために時間を使うべきです。

入試直前に新しい問題集に取り組んでも、消化不良となりそれほど学力アップは期待できません。

「過去問の復習」「暗記事項の確認」をしておく方が点数に結びつきやすいでしょう。

ミスしやすい部分を確認しながら過去問の復習をしよう

直前期は過去問の復習をするとよいのですが、ただ漠然と復習をしているだけでは効果的ではありません。「自分がミスしやすい部分」「時間配分」などを確認しながら復習をしましょう

ミスしやすい部分がわかっていれば、試験中に該当部分を入念に確認できます。

例えば自由英作文問題で時制や冠詞のミスをしやすい生徒は、問題を解いた後に時制や冠詞を入念に確認するだけで、ミスをする可能性を減らせるでしょう。

このような感じでミスをしやすい部分はまとめておいて、試験直前にも見直すようにしてください。

都立西高校入試英語は、試験時間に対して問題量が多く時間が足りなくなる可能性があります。

また、入試では合格したいという気持ちから慎重になるため、普段よりも解答に時間がかかってしまうことが起こりやすいです。

そのため、普段から試験時間ぎりぎりまで使って解答するのではなく、5分程度は余るように問題を解くようにしておきましょう。

暗記事項の確認をしよう

都立西高校入試英語は長文読解問題中心に出題されますが、単語整序問題や文整序問題、自由英作文など文法的な知識を問われる問題も出題されています。

また、長文読解問題を解くためには「単語」「熟語」「文法」などの知識が必要です。

直前期に新しいことを暗記するよりも今まで暗記したことを復習する方が、点数に結びつく可能性が高いでしょう。

なぜなら、1度暗記したものは忘れてしまっていたとしてももう1度覚え直しやすいため、直前の限られた勉強時間で多くのことを暗記できる可能性があるからです。

効率よく直前期に復習するために「英単語」「文法」「熟語」などで忘れやすいものは、1回目に勉強したときにチェックしておくことをおすすめします。

時間のない直前期に覚えにくいことかどうかを改めて確認しながら復習していては、効率が悪くなります。

どの教科にもいえることですが、勉強をするときは復習するときのことを考えながら勉強するようにしましょう。

入試当日にやったほうがよい対策

入試当日に少しでも点数をとるためにできることはあります。試験会場についてからやった方がよい対策をご紹介します。

試験前にリスニング教材を聴く

都立西高校のリスニング問題は、共通問題が出題されます。そのため、リスニングは満点を出来れば取っておきたい問題です。

リスニング問題を解く前に英語を聴く耳に慣らしておくことは、とても大切なことです。リスニング問題を解く前に「英語耳」にしておけば、実力を発揮しやすくなります。

そのため、リスニングの教材を試験会場に持って行き、試験前に聴くとよいでしょう。

問題演習をするためではなく耳を慣らすためにすることなので、教材は今まで聴いたことがあるものでもかまいません。

聴いている時間はそれほどないため、3分程度のものを用意しておきましょう。

数分で確認できるメモを作っておき直前に見直しましょう

英語の試験は昼食前に行われます。朝、忘れやすい部分などを確認したとしても4時間ほど経ってしまっているため、直前に数分で確認できるメモを作っておいて見直すようにしましょう

メモしておく内容は「ミスをしやすい部分」「特に注意が必要な暗記事項」です。

リスニング教材を聴かなければいけないため、確認する時間は多くても5分程度しかないでしょう。そのため、メモしておくことは最小限にしなければいけません。多くてもB4サイズの1枚程度にしましょう。

確認する時間が足りなくなる可能性があるため、確認が必要な順にまとめておくことをおすすめします。

このメモの目的はあくまでも「確認」です。多くのことを暗記し直している時間はないため、最初からメモに軽く目を通しただけで確認できることだけをメモしておくようにしましょう。

まとめ

入試前は不安から色々なことに手をつけがちですが、復習や時間配分、ミスしやすい部分の確認に時間を使った方が、点数に結びつきやすいです。

また試験前にやる「リスニング教材を聴く」「メモを確認する」時間は、あらかじめ決めておきましょう。

試験で実力を発揮するためには体調管理も大切です。入試直前は無理をしないようにして、規則正しい生活を送ってください。

入試直前に確認したことが出題されることもあるため、最後まで諦めずに勉強しましょう。

ひとりでも多くの生徒が合格できることを願っています。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っているこうこうせい学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-都立入試

関連記事

都立墨田川高校入試数学!直前期で対策すべきこと!

都立墨田川高校の入試まであと少し…!しかし、入試の直前期になって何を勉強すればいいのか分からなくなってしまう人も多くいると思いま …

都立国立高校入試国語独自問題の傾向と対策!長い文章に読み慣れておこう!

都立国立高校入試の国語問題では、漢字の読み書き問題に加え、文章問題が3問出題されます。   文章問題は文量が多く、問題文を素早く読 …

都立西高校入試数学独自問題の傾向と対策|傾向把握は合格への第一歩!

高校受験入試は、傾向を把握して適切な勉強をすることが合格への近道です。この記事では都立西高校入試の数学試験の傾向と対策をご紹介します。

都立新宿高校入試数学!直前期で差をつける受験攻略法とは?

都立新宿高校の数学は時間制限が厳しく、直前期でも「時間内に終われない…」と不安を抱える人も多いはず。この記事ではそんな数学に不安を抱える受験生に向けて、直前期でもできる勉強法や、合格に一気に導く逆転のマインドを全て解説します!

都立立川高校入試の英語!直前期は何を対策すべきなの?

高校入試の英語は直前期にどんな対策を行なえばよいのでしょうか。都立立川高校の受験生の中にも、悩んでいる人がいるかもしれません。そんな方のために、本記事では直前期の英語の勉強法を紹介しています!