私立入試

私立専修大学附属高校入試英語の傾向と対策!

更新日:

東京都杉並区にある、私立専修大学附属高校。

入学後は、日々の学習の積み重ねで着実にステップアップを図ることができます。また、学力だけにとらわれずに「大切なもの」を見つけることを目標にしている学校です。

今回は、そんな私立専修大学附属高校の英語入試の傾向分析や大問構成についてまとめます。

また、直前までの対策法や勉強法についてもご紹介します。

私立専修大学附属高校入試英語の傾向分析

早速、専修大学附属高校の英語入試の傾向分析をしていきます。

2020年度の入試問題を参考にしています。

私立専修大学附属高校入試英語の大問構成と出題範囲

専修大学附属高校の英語入試は、全部で大問が5問出題されます。リスニングはありません。

大問内容を詳しく見ていきましょう。

大問1:穴埋め

大問1は穴埋め問題です。各組の英文がほぼ同じ意味になるように、空欄に入る語句を入れます。

小問は5問あります。

大問2:長文

大問2は長文問題です。2020年度は会話型の長文でした。

設問には、本文の内容とあう選択肢に〇×をつける問題が出題されています。

長文1つに対して質問はこの1つだけです。

大問3:長文

大問3も会話型の長文です。小問が4つあります。

発音に関する問題、空欄に入る英文を選ぶ問題、かっこに入る単語を選ぶ問題、そして、内容を図を用いて表した選択肢の中から選ぶ問題があります。

大問4:長文

大問4も長文問題です。大問2~3は会話型の長文でしたが、大問5は説明文型の長文問題です。

小問が5問あります。空欄に入る単語を選ぶ問題、下線部を適切な一語に直す問題、並び替えの問題があります。

また、説明にあてはまる単語を本文中から抜き出す問題も出題されています。

大問5:長文

大問5は物語型の長文問題です。小問は5つ出題されます。

空欄にあてはまる単語を選ぶ問題、下線部の意味を選ぶ問題、下線部に合う言葉を本文中から抜き出す問題、そして内容を示している選択肢を選ぶ問題です。

出題範囲は、リーディングのみです。そのため長文読解力をつけておかないと太刀打ちできない試験になっています。

私立専修大学附属高校入試英語の難易度

専修大学附属高校入試の英語科目の難易度は初級~中級と言えるでしょう。長文が多く出題されていますが、内容はそこまで難しくないと思います。

また、難しい単語には意味が書かれており、比較的スラスラと読むことができるでしょう。

ただ、発音の問題は人によって難しさが変わってきます。

普段から英単語を耳で聞いて覚える練習をしている人にはそこまで難しくないでしょう。

しかし、全く読めない単語であった場合、消去法で答えを探さなくてはなりません。

単語の発音に関する知識がなければ解くことが難しく感じるため、中級としました。

私立専修大学附属高校入試英語解答の際の時間配分

専修大学附属高校入試の英語科目の試験時間は50分です。

時間配分は以下の通りです。

  • 大問1:1~5分
  • 大問2:5~10分
  • 大問3:10分
  • 大問4:10分
  • 大問5:10分

大問1の穴埋め問題は、素早く終わらせましょう。分からなければ後回しにしてもいいぐらいです。

大問2の長文は他の長文に比べて短いので、こちらも素早く終わらせましょう。できれば5分で解きたいところです。

大問3、大問4、大問5の長文は合わせて30分で解くイメージを持ちましょう。

大問5が一番文字数が長いですが、人によっては物語文の方が早く頭に入ってくるので解答時間が少なくていい人もいるでしょう。

そのような人は、大問4の説明文に多めに時間をかけることもできます。

この時間配分で行くと最後に5分余ります。残りの時間で、解答の確認や解きなおしができますね。

私立専修大学附属高校入試英語の対策と勉強法

ここからは専修大学附属高校入試の英語科目の対策や勉強法をご紹介します。

中1・中2のうちにやっておきたい対策

まずは単語を完璧に覚えておきます。

専修大学附属高校ではリスニングの試験はありませんが、発音の問題があるので、単語を覚える時は正しい発音で覚えておきましょう。

リスニングをしながら口に出して覚えると、目で見るだけより早く覚えられるので一石二鳥ですね。

また、中1、中2で習った文法も復習しておきましょう。

中3の夏前までにやるべき対策

長文読解が苦手な人は、文章量になれるためまずは教科書レベルの文章を音読しましょう。

音読することで、英語の文の流れを前から頭にそのまま入れることができます。

その後、黙読します。これを繰り返せば、長文を読むスピードが早くなりますよ。

また、中3で習った単語や文法の復習をしておきましょう。

中3の夏休みにやるべき対策

過去問を一度解き、自分の苦手を把握しましょう。

把握した後は、入試までの半年の使い方の計画を立てます。

例えば、まだまだ知らない単語が多い場合、早急に単語帳で復習しましょう。英単語が分からなければ、長文が読めません。

長文の読むスピードが遅い人は、長文を読む回数を増やしましょう。また、音読をすると自分がどの単語が分かっていないのか、どの文法がスラスラ頭に入ってきていないのかが明確になります。

このように苦手を見つけたらすぐに復習をして、その都度潰していきましょう。

中3の秋に取り組むべき対策

中3の秋には過去問や予想問題集を解きましょう。

そこでできなかった問題や分野を把握し、もう一度問題集を解いたり、単語を覚えたりすることを繰り返します。

会話や説明文、物語など様々な長文問題に取り組むことで、本番でどの問題が出ても太刀打ちできるようになりますよ。

中3冬・受験直前期に取り組むべき対策

本番直前は、今まで自分が使ってきた単語帳や問題集を使い、復習を繰り返します。

発音の問題に向けて、単語のリスニングは毎日行うことをおすすめします。

専修大学附属高校の入試は長文がほとんどです。

本番直前まで、今までやってきた長文の復習、または気持ちに余裕がある場合は新しい長文を解くことをおすすめします。

読むスピードが遅くても、最後まで諦めずに解き続けましょう。

入試に臨む上での注意点

入試に臨む上での注意点が1つあります。それは、長文問題で焦らないことです。

長文問題は見た目が難しそうに見えて、焦ってしまう時があります。

しかし、落ち着いて読んでみると簡単な単語ばかり、知っている文法ばかりであることが多いです。

「急がばまわれ」ということわざをご存じですか?

焦って読み飛ばして間違えてしまうよりは、時間いっぱい使ってゆっくり読み進めた方が案外点数が良かったりしますよ。

ここまで頑張ってきた自分を信じて、着実に解き進めましょう。

まとめ

今回は、専修大学附属高校入試の英語科目の出題傾向や勉強法をご紹介しました。

是非お伝えした勉強法を基に、英語入試対策をしてみてください。

本番は、長文問題がたくさん出ますが落ち着いて解き進めましょう。

最後まで諦めずに頑張ってくださいね!

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-私立入試

関連記事

私立明治大学付属中野八王子高校入試の国語を詳しく解説

私立明治大学付属中野八王子高校入試の国語は傾向がしっかりしています。そのため、適切な対策をすれば得点可能です。試験時間に対して長い文章が出ますので、対策して合格へとつなげます。

明治大学付属明治高校入試(数学)の傾向と対策!

明治大学付属明治高校入試の数学ではどのような問題が出題されるでしょうか?明治大学付属明治高校の傾向と対策について解説します!

慶應義塾高等学校入試英語独自問題の傾向と対策!速読力が重要です!

この記事では、慶應義塾高等学校英語の入試の傾向と対策についてご紹介します!慶應義塾高等学校英語の入試はレベルの高いことで有名です。「英語が苦手。。。」という方にも向けて、時期ごとの具体的な勉強方法もご紹介します。

慶應義塾高等学校国語の入試の傾向と対策!知識問題対策は必須!

この記事では、慶應義塾高等学校国語の入試の傾向と対策についてご紹介します!「国語が苦手。。。」という方も、時期ごとの具体的な勉強方法を参考に対策を進めていきましょう。

中央大学杉並高校入試数学の傾向と対策|ミスを減らして高得点を目指そう!

中央大学杉並高校入試数学の出題傾向と対策をご紹介します。出題傾向を把握しなければ合格への近道です。適切な時期に効率よく勉強して高得点をとれるようになりましょう。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中