参考書英語の参考書

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の正しい使い方と勉強法

更新日:

国立高校や有名難関私立高校を目指している人の中には、「高いレベルの問題をたくさん解きたい」と思っている人が多いのではないでしょうか?

「授業中や宿題時の問題演習だけでは、志望校に合格できるか不安…」という人もいるでしょう。

この記事では、そんな人にぴったりな「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の使い方や勉強法をお伝えします。

ぜひ、この記事で扱う基本の使い方を実践してみてください。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の基本情報

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は、国立高校や難関私立高校を志望している人向けの受験直前の問題演習として使える参考書です。

難易度の高い問題のみを掲載しているため、レベルの高い問題集と言えます。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の特徴

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」には、2つの特徴があります。

それは「難易度の高い問題が掲載されていること」「18項目を網羅していること」です。それぞれ詳しくご紹介します。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の特徴1:難易度の高い問題が掲載されている

1つ目の特徴は、「難易度の高い問題が掲載されている」ことです。

この問題集は国立高校や難関私立高校を志望している人向けに作られた問題集です。

有名校で実際に出題された問題などを掲載しているため、難易度が高いです。

そのため、この問題集を何周もすればレベルの高い問題に太刀打ちできるようになるでしょう。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の特徴2:18項目を網羅

2つ目の特徴は、「18項目を網羅している」ということです。

この問題集では、14の文法項目と英作文、長文読解、会話文読解、リスニング問題を合わせた18項目に分けられています。

文法別に勉強したい人や問題の種類別に演習をしたい人にピッタリな問題集と言えるでしょう。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」のレベル

レベル:中学3年生 私立高校・国立高校レベル

この「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は、中学3年生で受験に向けて問題演習を始めたい人にピッタリの問題集となっています。

国立高校と難関私立高校で出題されるレベルの問題を集めているので、問題の難易度は高いです。

中学3年の夏あたりから使い始めてもいいですし、最後の演習として冬休みから使い始めても良いでしょう。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」シリーズの別の参考書

この「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は、科目違いのシリーズがあります。

科目違いのシリーズとしては

  • 「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 理科」
  • 「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 国語」
  • 「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 数学」
  • 「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 社会」

があります。

どれも国立高校や難関私立高校レベルの問題をまとめています。
解説の方法やスタイルを気に入った場合、一式購入して勉強するといいでしょう。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 1冊の問題集で勉強したい!
  • 基礎は固まっている!
  • 入試対策がしたい!
  • 国立・難関私立志望!
  • 分かりやすい解説が欲しい!
  • シンプルな参考書が好き!

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は、国立高校や有名私立高校で出題されるレベルの問題がまとまっている問題集です。

また、リーディング、文法、リスニング、ライティングの問題も収録されているため、1冊の問題集で全ての分野を勉強したい人にもおすすめです。

ただし、「基礎から入試対策まで様々なレベルの問題を解きたい!」人や「公立高校志望」の人にはおすすめできません。

そのような人にとっては、「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は少しレベルが高いかもしれないからです。

そんな時は、「中学 自由自在問題集 英語」をおすすめします。
基礎的な問題から実力問題、応用問題、入試直前対策問題まで様々なレベルの問題が収録されていますよ。

中学 自由自在問題集 英語の記事リンク

同じようなレベルの高い問題集を探している人は、「最高水準特選問題集英語3年」もおすすめです。

こちらもレベルの高い問題を厳選して掲載しています。
時間があれば「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」と併用してもよいでしょう。

最高水準特選問題集英語3年の記事リンク

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の使い方・勉強法!

ここからは、「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の具体的な使い方をまとめていきましょう。

問題集は使い方次第で「解いたつもり」になってしまいます。

しかし、「解いたつもり」では実力は付きません。

この問題集を使う時は、「何度も解きなおす」「基礎に立ち返る」という原則を意識しましょう。

以下で詳しく見ていきましょう。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の使い方の基本ステップ

基本的なステップはこのようになっています。

1周目

Step1.
問題を解く
Step2.
間違えた問題は解説を読む
Step3.
間違えた問題にチェックをつける
Step4.
これを1周繰り返す

1周目は、基本的には最初のページから順番に問題を解きましょう。

間違えた場合は解説をしっかり読みます。

時間をおいて後から解きなおせるように印をつけておくと効率的に復習できます。

2周目

Step1.
以前間違えた問題を解く
Step2.
解説を読む
Step3.
間違えた問題の分野を把握
Step4.
教科書を読むなど基礎に立ち返る

2周目は以前間違えた問題を解きます。
それでも間違えてしまったり、あやふやな部分がある分野を発見したら、基礎に立ち返って勉強し直しましょう。

具体的には、教科書の文法を読み直したり、意味が分からなかった英単語を調べたりなど自分に必要な勉強をします。

このステップを繰り返すことによって、段々と苦手分野を無くしていくことができます。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の勉強法の大原則

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」を使う上での大原則は、次の2つです。

  • 何度も解きなおす!
  • 基礎に立ち返る!

この2つを守ることで、問題集をより効果的に使いやすくなります。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」には、国立高校や難関私立高校で出題される難易度の高い問題が収録されています。

間違えた問題は必ずその場でチェックし、さらに時間をおいて解きなおしましょう。

また、何度も間違えてしまった場合は基礎を固め直しましょう。

遠回りで時間のかかるステップに見えるかもしれませんが、基礎に戻ることで着実に苦手を無くしていく事ができます。

こんな使い方は要注意!「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」使い方のコツ

ここからは、「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」を使った勉強で気をつけてほしいことをまとめていきます。

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」の使い方の注意

先ほどあげた2つの原則を、もう一度思い出しましょう。

  • 何度も解きなおす!
  • 基礎に立ち返る!

これ以外にも、「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」だからこそ気をつけてほしいことがあります。

全ての問題を1周はする

特に「この分野は大丈夫!」「たぶん英語は得意な方!」と思い込んでいる人は要注意です。

何度もお伝えしていますが、「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は国立高校や難関私立高校で出題されるレベルの問題をまとめています。

せっかく良問がたくさん掲載されているのに、所々解いただけで終わってしまうと勿体ないです。

全ての問題をせめて1周はしましょう。この場合の1周は、その場での解きなおしもセットとして考えてください。

リスニング問題も解く

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は、文法の問題、長文、英作文以外にもリスニングの問題が収録されています。

「リスニング問題のためにCDを準備するのは煩わしい…」と思う人もいるかもしれません。
しかし、リスニングは練習していないと本番で容易に解くことができない分野です。

必ず練習をしておきましょう。

こういう使いかたもある!「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」を最大限活用するコツ!

気をつけてほしいこともたくさんありましたが、同じくらい「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」にはいろいろな使い道があります。

苦手克服に活用する

この問題集は分野別、文法項目別に問題が分類されています。
そのため問題集を最低でも1周した後、苦手な分野のみを復習するということも可能です。。

受験までに時間がない場合や他の科目の勉強に時間を割きたい場合は、苦手分野のみ演習し直しましょう。

実力試しに活用する

「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」は難関高校の入試レベルの問題がたくさん収録されています。

また、文法問題だけでなくリーディング、リスニング、ライティングの問題も収録されています。

そのため、志望校で出題される問題数と時間、問題タイプを確認し、それに合わせてランダムに問題を抽出することも可能。

ここで抽出した問題は実際に時間を図って本番と同じ緊張感で解いてみましょう。

まとめ

この記事で押さえてほしいポイントは次の3つでした。

  • 「基礎に立ち返る!」「何度も解きなおす!」
  • 国立・難関私立高校の入試問題が掲載されている!
  • 文法だけでなく長文・リスニング・英作文問題も!

最後にもう一度「国立高校・難関私立高校入試対策 上級問題集 英語」がおすすめな人をまとめておきましょう。

  • 1冊の問題集で勉強したい!
  • 基礎は固まっている!
  • 入試対策がしたい!
  • 国立・難関私立志望!
  • 分かりやすい解説が欲しい!
  • シンプルな参考書が好き!

他の問題集についてはこちら!

他の英語の参考書はこちら!

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-参考書, 英語の参考書

関連記事

速修24時間 14(英語)―高校入試 リスニングの正しい使い方と勉強法!

この記事では、短期間でリスニングの得点アップを目指せる参考書の「速修24時間 14(英語)―高校入試 リスニング」の特徴から最大限に使いこなすための勉強法までを紹介します。

中学生の理科が予習・復習できる!「ぐーんっとやさしく中1理科」の正しい使い方と勉強法!

「ぐーんっとやさしく中1理科」は、理科の超基礎から丁寧に解説している参考書。この1冊で基礎的な部分の苦手を無くし、これからの勉強に備えていきましょう。

「テスト前にまとめるノート中1理科」は「理科のノートを作るのが苦手なあなた」へおすすめ!正しい使い方と勉強法

自分でノートをまとめながらべんきょうができる「テスト前にまとめるノート」。中1理科の要点をまとめやすくなっているこの参考書について、使い方と注意点、詳しい勉強法をお伝えします。

「システム中学国語公立高校編」の正しい使い方と勉強法!評論文で確実に点を取ろう

この記事では『システム中学国語 公立高校編』の詳しい使い方について説明していきます。
この1冊をしっかり仕上げることで公立高校の国語入試対策を万全に整えることができます。

『ターゲット中学英単語1800』の特徴と勉強法!シンプルな単語帳で難関高校入試を突破しよう!

この単語帳は「効率よく英単語を覚えたい!」「自分の志望校レベルの英単語だけを覚えたい!」といった人にオススメの一冊となっています。
この記事では「高校入試出る順ターゲット中学英単語1800」の特徴と使い方をお伝えします。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中