参考書国語の参考書

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の正しい使い方と勉強法!

更新日:

高校入試において漢字問題は満点を狙える分野のため、しっかりと対策すれば高得点を稼げます。

しかし、「どの漢字を優先的に覚えればいいかわからない…」と悩んでいる受験生も中にはいるでしょう。

そこでこの記事では、漢字対策におすすめの「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の特徴と使い方についてまとめました。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の基本情報

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」は、高校入試の出題傾向に合わせて漢字を対策できる問題集です。

問題の構成は「漢字の読み」「漢字の書き」「漢字の知識・熟語の知識」の3つに分けられています。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の特徴

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」は、漢字の対策ができる問題集として2つの特徴があります。

以下にて本書の特徴について詳しく解説します。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の特徴1:入試でよく出る頻出漢字がまとめられている

1つ目の特徴は、入試でよく出る頻出漢字を勉強できる工夫が施されているというところです。

例えば、頻出度順に漢字の読み書き問題がまとめられています。

他にもよく出る漢字問題として、「入試に必出/漢字の読み50」「入試に必出/漢字の書き50」という問題が収録されています。

また、入試において注意するべきポイントなども確認できます。例えば、どういう漢字が過去に出題されたのか?入試で間違えやすい漢字などです。

このように漢字に関する入試問題を解くためのコツも学べます。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の特徴2:短期間で漢字対策ができる

2つ目の特徴は、短期間で漢字対策ができるところです。

問題集のボリュームは97ページなので、毎日3~4ページずつ取り組んでも約1ヶ月程度でマスターすることができます。

また、持ち運びやすいコンパクトなサイズなので、いつでもどこでも漢字の対策ができます。

なので、通学時間などの隙間時間を活用してサクサクと取り組むことで、他の科目の対策をする余裕ができるのです。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」のレベル

レベル:高校入試レベル

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」は、高校入試に特化した問題集です。

なので、出題傾向に合わせて問題演習をしたい人や、漢字問題がどれくらい解けるか力試しがしたい人におすすめでしょう。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 高校入試でよく出る漢字を対策したい
  • 漢字に特化した問題集に取り組みたい!
  • 持ち運びやすいコンパクトな参考書に使いたい
  • 短期間で入試対策がしたい

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」は、標準の高校入試レベルの頻出漢字をまとめている問題集です。

持ち運びやすく短期間で取り組める問題集なので、試験本番直前に漢字の復習をしたい時にもおすすめでしょう。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の使い方・勉強法!

ここからは、「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」を使った具体的な勉強法を紹介していきます。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の使い方の基本ステップ

基本的なステップはこのようになっています。

1周目

Step1.
各テーマごとに問題を解く
Step2.
答え合わせをして解説を読み込む
Step3.
間違えた問題は印をつける

まずは、実際に問題を解き出題傾向を理解することが大事です。頻出度の高い漢字から順番に覚えるといいでしょう。

1周目で間違えた問題は印をつけて必ず復習してください。

本書は一度で終わらせず、完璧になるまで最低2〜3周以上取り組みましょう。

2周目

2周目以降は、間違えた問題を中心に復習してください。

なぜなら、一度答え合わせをしただけでは間違えた問題を全て覚えるのは難しいからです。知識は何度も繰り返し学習することで記憶に定着します。

特に漢字は暗記要素が強い分野なので、しっかりと何度も復習してください。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の勉強法の大原則

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」の勉強法の大原則は、以下のとおりです。

  • 毎日繰り返す

漢字を覚えるには毎日繰り返し勉強しましょう。

漢字は一度問題を解いただけではすべてを暗記することはできません。

たとえその場で覚えられたとしても、時間が経つにつれてだんだんと記憶が薄くなります。

そのため、記憶に定着させるために何度も繰り返しましょう。

こんな使い方は要注意!「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」使い方のコツ

ここまでで、「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」を使った勉強法について紹介しました。

次は注意するべき使い方について紹介します。

「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」使い方の注意

先ほど紹介した勉強法の大原則を、再度紹介します。

  • 毎日繰り返す

大原則以外にも注意するべき勉強法についてチェックしましょう。

問題演習に時間をかけすぎない

暗記をするには何度も繰り返すことが大事と伝えましたが、本書に時間をかけすぎないように注意しましょう。

なぜなら漢字に時間をかけすぎてしまうことで他の科目の勉強に支障をきたす恐れがあるからです。

確かに漢字は、暗記さえしてしまえば得点に繋がりやすい分野です。とはいえ配点もそこまで高くはないので時間をかけすぎてはいけません。

せっかく漢字を完璧にしても、他の配点が大きい科目の勉強ができず、本番の得点で足を引っ張ってしまっては元も子もないですよね?

大事なのは時間をかけて覚えるのではなく、毎日短い時間でも繰り返し復習することです。

他の科目の勉強としっかりバランスを取るためにも、1日の勉強時間を決めておくなど、工夫して勉強しましょう!

こういう使いかたもある!「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」を最大限活用するコツ!

次に「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」を最大限に活用するための他の勉強法についてまとめました。

隙間時間を活用して勉強する

短期間で効率良く対策するためにも、隙間時間を活用しましょう。

たとえ直前期などで勉強時間がない時期でも、学校の行き帰りの移動時間を活用すれば、勉強時間は捻出できるはずです。

本書はコンパクトで持ち運びがしやすく赤シートもついているので、いつでもどこでも漢字の暗記ができます。

まとめ

この記事で押さえるべきポイントをまとめました。

  • 間違えた問題は必ず復習する
  • 毎日繰り返して勉強する
  • 時間をかけすぎず、隙間時間を活用して暗記する

最後にもう一度「高校入試実戦でる漢字―漢字の知識は基本の力!!」がおすすめな人をまとめました。

  • 高校入試でよく出る漢字を対策したい
  • 漢字に特化した問題集に取り組みたい!
  • 持ち運びやすいコンパクトな参考書に使いたい
  • 短期間で入試対策がしたい

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-参考書, 国語の参考書

関連記事

中学国語の幅広いレベル・分野の勉強を1冊でできる「わかるをつくる 中学国語」

この記事では基礎から力試しまでこれ一冊で完結できる「わかるをつくる 中学国語」の使い方・勉強法をお伝えしています。点数が不安定になりやすい国語を安定させましょう。

「中学マンガとゴロで100%丸暗記古文単語」の正しい使い方と勉強法!

『中学マンガとゴロで100%丸暗記古文単語』は、覚えにくい古文単語を語呂合わせやマンガを使って楽しく覚えられるようにまとめた単語帳です。ぜひ、この記事で扱う基本の使い方を試してみてください。

「最高水準特選問題集英語3年」の正しい使い方と勉強法

この記事は、「最高水準特選問題集英語3年」の特徴や正しい使い方をご紹介しています。

図表でしっかり分かる!「高校入試のわからないところ検索ブック 社会」の正しい使い方と勉強法!

これから受験勉強を始めたい人にオススメなのが「高校入試のわからないところ検索ブック 社会」です。勉強をする中で理解しにくい人も多い分野について、グラフなども活用しながら簡潔に学んでいきましょう。

「テスト前にまとめるノート中学国語 文法古典」の正しい使い方と勉強法!

「文法がさっぱりわからない」「入試の古典の勉強で、何から始めれば良いかわからない」なんて人も多いのではないでしょうか。

そのような方にオススメな「テスト前にまとめるノート中学国語 文法古典」の使い方や勉強法をお伝えします。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中