参考書国語の参考書

「システム中学国語公立高校編」の正しい使い方と勉強法!評論文で確実に点を取ろう

更新日:

中学国語の決定版、「システム中学国語シリーズ」。

この記事では、その中の『システム中学国語 公立高校編』の詳しい使い方について説明していきます。

この1冊をしっかり仕上げることで公立高校の国語入試対策を万全に整えることができます。

ぜひ、この記事で扱う基本の使い方を実践してみてください。

システム中学国語 公立高校編の基本情報

『システム中学国語 公立高校編』は、公立高校の入試対策に最適な参考書。

実際の入試の過去問を使って詳しく解説されているので、非常にわかりやすく点数にもつなげやすいです。

システム中学国語 公立高校編の特徴

『システム中学国語 公立高校編』は、とにかく丁寧な解説が特徴の参考書です。

記述問題の解き方も手順を踏んで解説しているので、長文問題対策を万全に整えることができます。

システム中学国語 公立高校編の特徴1:丁寧な解説

1つ目の特徴は、解説が非常に丁寧ということです。

問題1つにつき約20ページ程かけて会話形式で解説しており、論理的な読解力や解法を着実に身につけることができます。

システム中学国語 公立高校編の特徴2:別冊の知識集とテスト問題

2つ目の特徴は、別冊で知識集とテスト問題がついてくることです。

入試問題で必須の知識をまとめた「絶対に覚える知識集」が同封されており、長文対策だけでなく語句問題などの対策もすることができます。

さらに、参考書に収録されているテスト問題を実際に解いてみることで、参考書で学んだ内容の実践と自身の習熟度の確認に役立てることができます。

システム中学国語 公立高校編のレベル

レベル:中学3年生 公立高校レベル

この『システム中学国語 公立高校編』は、公立高校を目指している中学3年生にぴったりの参考書です。

システム中学国語 公立高校編シリーズの別の参考書

この『システム中学国語 公立高校編』には、レベル違いで『システム中学国語 論理入門編』『システム中学国語 論理完成編』『システム中学国語 難関高校編』があります。

難易度の設定としては、「論理入門編」と「論理完成編」で現代文の論理を理解してから、自分の志望校にあわせて「公立高校編」「難関高校編」を活用していくという流れになっています。

「現代文の基礎から学びたい」という方は、論理入門編から始めてみましょう。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 公立高校を目指している!
  • 過去問を使って解説してほしい!
  • 丁寧な解説が読みたい!
  • 実践レベルの練習問題がほしい!
  • 知識集がほしい!

『システム中学国語 公立高校編』は公立高校の過去問が収録されている参考書なので、「入試問題の形式をしっかり把握して対策したい」という方におすすめです。

「今から入試対策を始めよう!」という時にもぴったりの参考書となっています。

ですが「いきなり入試問題に挑戦するのは早いかも…」という方もいるでしょう。

その場合は焦らず自分のレベルに合わせて「論理入門編」や「論理完成編」から始めるようにしましょう。

システム中学国語 公立高校編の使い方・勉強法!

ここからは、『システム中学国語 公立高校編』の具体的な使い方をまとめていきましょう。

ポイントは「問題を解いて」「苦手をそのままにしない」ことです。このことについて詳しく見ていきましょう。

システム中学国語 公立高校編の使い方の基本ステップ

基本的なステップはこのようになっています。

1周目

Step1.
1つの問題の解説を理解するまで読む
Step2.
「読み方」と「解き方」を把握する
Step3.
別冊の問題を時間を測って解いてみる
Step4.
間違えたところの解説をよく読み、間違いの原因を探す
Step5.
次の問題も同じように進める

1周目は、理解と自分のレベルの確認をしっかり行いましょう。

大切なのは、「問題を解いた後に間違いの根拠を探す」ということです。入試本番では全く同じ問題が出題されることはありません。

しかし、似たような問題が出題されることはあります。その時に根本的な考え方を身につけていなければ解くことはできません。

そのため、解説をしっかり読んだ上で「なぜ間違えたのか?」「どのように解けば正解にたどり着けるのか?」を丁寧に理解していきましょう。

2周目

Step1.
苦手なところの問題と解説をもう一度よく読む
Step2.
「読み方」と「解き方」を把握する
Step3.
別冊の問題を時間を測って解いてみる
Step4.
間違えたところの解説をよく読み、なぜ間違えたのか考える
Step5.
次の問題も同じように進める

苦手なところも制限時間内に解き終えることができるまで、繰り返し進めましょう。

システム中学国語 公立高校編の勉強法の大原則

『システム中学国語 公立高校編』を使う上での大原則は、次の2つです。

  • 問題を解く!
  • 間違いの原因を見つける!

この2つを守ることで、正しい解法が身につきやすくなります。

問題を解いたら、是非自分オリジナルの「間違い訂正ノート」を作ってみましょう。解き方を自分で見てわかりやすいようにまとめることでより頭に定着しやすくなります。

こんな使い方は要注意!システム中学国語 公立高校編使い方のコツ

ここからは、『システム中学国語 公立高校編』を使った勉強で気をつけてほしいことをまとめていきます。

システム中学国語 公立高校編使い方の注意

先ほどあげた2つの原則を、もう一度思い出しましょう。

  • 問題を解く!
  • 間違いの原因を見つける!

これ以外にも、『システム中学国語 公立高校編』だからこそ気をつけてほしいことがあります。

知らない語句をそのままにしない

長文問題に何問か触れると、必ず始めて見る語句が出てきます。もしそのままにしておくと、本番で大事な文章の意味を正確に理解できなくなってしまうかもしれません。

そのため、問題の中で知らない語句が出てきたら、そのままにせずノートなどにまとめましょう。

分からなかった語句とその意味をまとめて置くことで、少しずつ語彙力も上昇していきます。

言葉を多く知っているほど、文章を読む力がつき問題を解くスピードも早くなり得点アップに繋がるでしょう。

まとめ

この記事で押さえてほしいポイントは次の3つでした。

  • 「必ず問題を解く」「間違いの原因を見つける」
  • 入試問題対策に最適!
  • 語句調べノートを作ろう!

最後にもう一度『システム中学国語 公立高校編』がおすすめな人をまとめておきましょう。

  • 公立高校を目指している!
  • 過去問を使って解説してほしい!
  • 丁寧な解説が読みたい!
  • 実践レベルの練習問題がほしい!
  • 知識集がほしい!

他の国語の参考書はこちら!

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-参考書, 国語の参考書

関連記事

この1冊で英文法の基礎をマスター!「くもんの中学英文法」の特徴と使い方!

英文法は英語学習における基礎。これがなければ英文は読めません。苦手な方は「くもんの中学英文法」を活用して全ての基礎を覚えてしまいましょう。

「トコトンていねいな英文法レッスン」の正しい使い方と勉強法!

他の参考書を使用した際に「基礎って書いてあったけど難しかった……」「例文を読むスピードが早くついていけなかった……」という経験をしたこともある人も多いのではないでしょうか。この記事では、「トコトンていねいな英文法レッスン」の使い方や勉強法をお伝えします。

中学生の理科が予習・復習できる!「ぐーんっとやさしく中2理科」の正しい使い方と勉強法!

理科を苦手としている中学生は多いのではないでしょうか?「ぐーんっとやさしく中2理科」は、中2理科の内容を基礎から解説している参考書。日常の予習や復習にも活用して、理科の苦手を徐々に無くしていきましょう。

難関高校向け英語参考書おすすめ5選!

この記事は難関校受験を希望する学生向けに、おすすめの問題集を5冊ご紹介しています。
また、ご紹介した問題集を使った勉強方法もお伝えしています。

英語がニガテ…『中2英語をひとつひとつわかりやすく。』の正しい使い方と勉強方法

「英語がニガテ…キライ…」「英語を勉強しているのに思うように点数が伸びない」なんて中学生は多いと思います。そんな中学生たちの力になれればと思い『中2英語をひとつひとつわかりやすく。』を使った勉強法をお伝えします。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中