参考書数学の参考書

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」の正しい使い方と勉強法!

更新日:

この記事では「中学基礎がため中2数学計算・関数編」を使う勉強法についてご紹介しています。

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」は、中学2年生の「計算」「関数」の基礎に限定して勉強できる参考書です。

「計算」は全ての数学の基礎であり、「関数」はこれからも続いて勉強していく単元になります。

そのため「中学2年生になって数学が難しくなった」「2年生になる前に予習をしておきたい」など、本書に載っている内容に絞って基本を勉強したいならばこの参考書がおすすめです。

ぜひここで紹介する「中学基礎がため中2数学計算・関数編」の進め方を実践してみてください。

中学基礎がため中2数学計算・関数編の基本情報

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」は、タイトルの通り、中学2年生の計算・関数の単元に限定して、基本の問題だけを練習できる参考書です。

中学基礎がため中2数学計算・関数編の特徴

では「中学基礎がため中2数学計算・関数編」はどのような特徴のある参考書なのでしょうか?具体的に詳しく見ていきましょう。

中学基礎がため中2数学計算・関数編の特徴1:シンプルな内容

1つ目の特徴は、「内容がシンプル」だということ。

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」は、基礎問題だけが載っている参考書というだけあって、その内容はとてもシンプルです。

複雑な解説や見方をしなくてもいいのでわかりやすく、自分一人で解き進めていっても非常に扱いやすい参考書になっています。

中学基礎がため中2数学計算・関数編の特徴2:少しずつレベルアップ

2つ目の特徴は、「少しずつレベルアップしていける」ところです。

基本の中にも、「初歩の初歩」から「少し進んだ内容」まで様々なものがあります。この「中学基礎がため中2数学計算・関数編」はそのレベルの上げ方がとても細かく設定されています。

自分で勉強をしていると、ある問題から急に難しく感じることはないでしょうか?

参考書や問題集は、解き進めていくうちにだんだんとレベルが上がっていくのが普通です。

けれどそのレベルの上がり方が急だと、何が分からないのか分からず、それだけでやる気がなくなったりもします。

そんなことが起こりにくいように、この参考書ではレベルを少しずつ上げてくれているので、「解いていて急に分からなくなった」ということが起こりにくくなっています。

中学基礎がため中2数学計算・関数編のレベル

レベル:中学2年生向け・基本レベル

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」で扱われている内容は中学2年生向けです。そしてその中でも基礎レベルのみが扱われています。

基礎のみですので「数学が苦手」だったり「まずは簡単なところを完璧にしたい」と言う場合にぴったりの参考書です。

中学基礎がため中2数学計算・関数編シリーズの別の参考書

この「中学基礎がため中2数学計算・関数編」には他のシリーズも出ています。

それぞれ学年と範囲が分けられていますので、「自分が勉強したい内容」「自分が苦手な範囲」に合わせて基本を勉強することができます。

  • 中学基礎がため 中1 数学 計算編
  • 中学基礎がため 中1 数学 関数・図形編
  • 中学基礎がため 中2 数学 図形編
  • 中学基礎がため 中3 数学 計算・関数編
  • 中学基礎がため 中3 数学 図形編

他にも同じシリーズで英語・国語・理科・社会もあります。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 中2になって数学が難しく感じる
  • まだ中1だけれど中2の内容を予習したい
  • 学校の授業に沿って復習がしたい
  • 計算力を磨きたい
  • 中3の関数が苦手なので中2の範囲からやり直したい

基本的に向いているのは「数学が苦手」と感じている人です。

中学3年生で今習っている計算や関数を苦手と感じているならば、中学2年生の同じ分野に戻った方が理解が早いでしょう。

もしそれでも分からないところがあれば、もうひとつ前で同じシリーズの「中学基礎がため中1数学計算編」や「中学基礎がため中1数学関数・図形編」に戻ってもいいです。

また、まだ習っていない範囲の予習をしたい人にも向いています。

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」は基礎的な問題ばかりが掲載されているので、最初に手に取る参考書としてはぴったりです。

ただし、この参考書は難問は載っていません。

ですのでもう少しレベルアップしたい場合には「中学 自由自在問題集 数学」「チャート式基礎からの中学1年数学」などの参考書がおすすめです。

中学基礎がため中2数学計算・関数編の使い方・勉強法!

それでは具体的に「中学基礎がため中2数学計算・関数編」をどのように使ったらいいのか?その具体的な方法を見ていきましょう。

基礎は繰り返し解くことで自分のものになっていきます。

いくら簡単な問題だからと言っても、一度解いただけでは自分の身になっていないことが多いです。

特に数学を苦手と感じているならば、その点をしっかりと重視して勉強していきましょう。

中学基礎がため中2数学計算・関数編の使い方の基本ステップ

基本的なステップはこのようになっています。

1周目

Step1.
例を見て問題をノートに解く
Step2.
1ページ分答え合わせをする
Step3.
間違えた問題は参考書にチェックをいれる

まず参考書とは別にノートを準備しましょう。参考書にも書き込むスペースはありますが、繰り返し解くために直接は書き込まずノートに解きます。

また、計算は広いスペースで解いた方が間違いが起こりにくいです。関数も出された情報を自分で整理するために、広いスペースで解く方が解きやすいですよ。

2周目

Step1.
例や教科書を見て間違えた問題の解き方を確認する
Step2.
解き方を理解する
Step3.
間違えた問題をもう一度解く

計算問題ならば、「計算ミス」か「問題を理解していなかったのか」を見極めてから解き直します。

関数も間違えた問題の計算過程をよく確認し、間違えた理由をはっきりと掴んでから解き直しましょう。

中学基礎がため中2数学計算・関数編の勉強法の大原則

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」を使う上での大原則は、次の2つです。

  • 書き込まずに繰り返す
  • 間違えたら計算の過程をよく振り返る

中学2年生で勉強する「計算」は、これから発展していく数学の内容を考えるときちんと身につけておきたいところです。

中学1年生で勉強した計算の単元を「基礎」とするなら、中学2年生で勉強する計算の単元はやや「実践編」。他の単元でも重要な計算の仕方がたくさん詰まっています。

中学1年生の単元で数学計算の概念を習得したら、それを完璧に使えるようにこの「中学基礎がため中2数学計算・関数編」で練習しましょう。

また「計算」においても「関数」においても、間違えた時の対応が大切です。

「どこで間違えたのか?」「間違えた理由はどこにあるのか?」を振り返ることでレベルアップしていけます。

こんな使い方は要注意!中学基礎がため中2数学計算・関数編使い方のコツ

ここからは、「中学基礎がため中2数学計算・関数編」を使った勉強で気をつけてほしいことをまとめていきます。

中学基礎がため中2数学計算・関数編使い方の注意

先ほど挙げた大原則は次の2つでした。

  • 書き込まずに繰り返す
  • 間違えたら計算の過程をよく振り返る

これ以外にも「中学基礎がため中2数学計算・関数編」を使う上で注意したいことがありますのでご紹介していきます。

スピードより内容

参考書を一つ終わらせると達成感がありますよね。

この「中学基礎がため中2数学計算・関数編」は基本問題しか乗っていないので、あまりボリュームがありません。

そのため早く終わらせようと思えば、それなりに早く終わらせることもできます。

けれども、「ひとつの参考書を解き終わること」と「できることになったということ」は必ずしもイコールではありません。

基礎は繰り返して身につけるもの。身についていなければやっていないのと一緒です。

早く終わらせるよりも内容を意識し、完璧にすることを心がけて解いていきましょう。

教科書も手元に置いておく

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」には「教科書対照表」がついています。

ですから、自分が解いているところが教科書の何ページに載っているのかすぐに分かります。

そしてこの参考書自体は、問題の量が多く解説は少なめです。

そのため、つまずいたり、分からなくなったりしたときには、必ず教科書の解説を読んでみましょう。

こういう使いかたもある!中学基礎がため中2数学計算・関数編を最大限活用するコツ!

基本的な使い方をご紹介しましたが、ここでは「中学基礎がため中2数学計算・関数編」の他の使い方もご紹介します。

プラスアルファのワークとして使う

はっきりと「予習がしたい」「復習がしたい」「苦手克服がしたい」という目的がない人でもこの「中学基礎がため中2数学系計算・関数編」はおすすめです。

何となく普段の勉強で漠然として不安はないでしょうか?

「授業やワークだけやっていればいいのだろうか?」「なんとなく数学が曖昧なままだ」と思っているなら、この参考書を使ってみてください。

「中学基礎がため中2数学計算・関数編」は自分の力だけで進めやすい参考書です。

普段の勉強だけで漠然とした不安を抱えているなら、学校から出されるワークにプラスして自習教材として揃えておくと、勉強の底上げができますよ。

まとめ

この記事で押さえてほしいポイントは次の3つでした。

  • 書き込まずに繰り返す
  • スピードよりも内容。間違えたら計算の過程をよく振り返る
  • 自習教材としてもおすすめ

最後にもう一度「中学基礎がため中2数学計算・関数編」がおすすめな人をまとめておきましょう。

  • 中2になって数学が難しく感じる
  • まだ中1だけれど中2の内容を予習したい
  • 学校の授業に沿って復習がしたい
  • 計算力を磨きたい
  • 中3の関数が苦手なので中2の範囲からやり直したい

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-参考書, 数学の参考書

関連記事

高校入試向け・おすすめ英単語帳3選!塾講師が厳選した英単語暗記にぴったりの英単語帳!

英語の問題を解く上で一番の基礎となるのは、やはり「英単語」です。英語は日本語とは全く異なる言語です。今回は、迷ったらまずは使って欲しい王道の英単語帳をご紹介!ここから英語の勉強を始めていきましょう。

「ハイパー英語教室中学英文法」で高校入試の基礎固め!正しい使い方と勉強法

「ハイパー英語教室中学文法」は中学の英文法の基礎について何度も繰り返しながら勉強できる1冊。この記事ではその勉強法と使い方を紹介しているので、細かいところを確認しながらぜひ使ってみてください。

中学公民問題集おすすめ3選!公民を得点源に変えよう!

馴染みのない難しい言葉が多い公民。その公民を勉強するのにあなたにぴったりな参考書を紹介します!正しく参考書を選べれば苦手だった公民を得点源に変えられますよ!

本当にわかりやすいの?『中1英語をひとつひとつわかりやすく。』の正しい使い方と勉強方法!

「なかなか定期テストの英語の成績が上がらない…」「正直英語の勉強がニガテ…キライかも…」なんて思っている中学生はいませんか?この記事では『中1英語をひとつひとつわかりやすく。』をオススメしたい中学生、正しい使い方、勉強方法をお伝えします。

「テスト前にまとめるノート中1理科」は「理科のノートを作るのが苦手なあなた」へおすすめ!正しい使い方と勉強法

自分でノートをまとめながらべんきょうができる「テスト前にまとめるノート」。中1理科の要点をまとめやすくなっているこの参考書について、使い方と注意点、詳しい勉強法をお伝えします。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中