都立入試

都立国立高校入試数学!直前期で対策すべきこと!

更新日:

都立国立高校の入試まであとわずか。数学が不安だけど「限られた時間で何を勉強すればいいのか分からない!」「時間がないけど成績が上がっていない!」と焦ってしまう受験生も多いと思います。

そこで今回は、都立国立高校の入試直前期における数学の対策について説明します。効率良く勉強するための方法注意すべき点ついて掲載しているので、参考にしてください。

 

国立高校の入試直前期、数学で対策すべきこと

入試直前期は時間が限られているため、効率よく勉強することが成績アップのカギになります。この章では、都立国立高校の数学について、入試直前期に対策すべきことをご紹介します。

解けなかった問題を優先して対策をする

入試直前期に効率良く成績を上げるには、「得意な問題をたくさん解く」ことよりも「苦手な問題を減らすという」ことが重要です。

そのため、模試や過去問で間違えたときは「何が原因で解けなかったのか」をしっかりと押さえ、自分の苦手に応じて対策することが成績アップのカギです。

それでは数学においてはどのようなことを苦手と感じる方が多いのでしょうか?

ここからは、都立国立高校の数学について、その「具体的な原因と対策」の例を4つ挙げますので参考にしてください。

計算ミスをしてしまった

数学において最も多いミスが「計算ミス」です。

特に都立国立高校の数学の入試問題は計算量の多い問題も出題されるため、過去問などで計算ミスをしてしまった受験生も多いのではないでしょうか。

模試や過去問で計算ミスが多い場合、本番では計算ミスをしないように対策する必要があります。

計算ミスの対策として「暗算を減らして途中経過をしっかり書く」「数字やローマ字を丁寧に書く」「計算量の多い問題に慣れておく」などが挙げられます。

計算ミスをしてしまう原因として、「時間が足りずに焦って問題を解いてしまった」ことも考えられます。そのため、日ごろから時間配分を意識して「時間を計って問題を解く」ことも効果的です。

特に数学では、前半の小問の結果を後半で使うような問題が出題されるケースがあります。

つまり、前半の小問で計算ミスをした場合、その問題だけでなく後半の問題にも影響してしまうのです。

都立国立高校の数学では大問2~4がそのような問題に該当する可能性があります。そのため、大問2~4の前半の問題は特に慎重に解いて見直しをするように心掛けましょう。

公式を間違えてしまった

因数分解や二次方程式の解の公式など、数学の公式を間違えてしまう受験生は少なくありません。

数学においては、「公式をまる暗記する」ことよりも「実際に公式を使って問題を解きながら覚える」方が記憶が定着しやすいです。

公式を間違えてしまった場合は、その公式を実際の問題の中で使うことを意識しましょう。

具体的には「間違えた公式の関連問題を解いて理解を深める」「公式の証明を書きながら覚える」など、実際に手を動かすことがポイントです。

ケアレスミスをしてしまった

ケアレスミスは受験時に最も避けたいことですが、本番でも陥りがちです。

数学においては、

  • 根号を分母に残したまま回答してしまった
  • 角度などの単位のつけ忘れ
  • 約分のし忘れ

などが挙げられます。

過去問や模試などでミスをしても、「ケアレスミスだからしょうがない」「次から気を付けよう」と思うだけで終わりがちですが、それでは中々直りません。

そのまま放置しておくことで、試験本番でも同じミスを繰り返し失点をすることも十分あり得ます。

ケアレスミスを繰り返さないためにも「テスト終了の5分前には見直しの時間を必ず取る」「ミスを記録して試験直前に見直す」など、自分のミスに合わせて具体的な対策をすることがおすすめです。

時間配分をミスして最後まで問題を解けなかった

確実に解けるはずだった問題を残して時間切れとなることは非常にもったいないです。

都立国立高校の数学の入試問題は難易度が高く、時間内に全ての問題を解くことは難しいです。そのため、解ける問題で確実に点を取ることが重要となります。

できる限りたくさんの過去問を解き、都立国立高校の問題に合わせた時間配分をあらかじめ身につけることがおすすめです。

その際は時間をしっかりと測り、本番と同様の心構えで解くようにしましょう。

 

国立高校の入試直前期で注意すべきこと

この章では、入試直前期に受験生が注意すべきことについてご紹介します。

新しい参考書には手を出さない

直前期で新しい参考書に取り組み始めることはなるべくやめましょう。

難しい数学の問題にチャレンジするために、入試直前期に新しい問題集を買う受験生もいます。

「自分の持っている参考書の問題は全て完璧」と胸を張って言える場合はそれも良いかと思います。しかし、そうでない場合はいままで使ってきた参考書を使って勉強をすることが大切です。

なぜなら、新しい問題集にばかり気を取られてしまい、「今までの復習」や「苦手の対策」など本来やるべきことを忘れがちになってしまうからです。

また、やみくもに難しい問題に手を出すと、問題が解けずに不安な気持ちになってしまう場合が多いです。

受験本番では、気持ちの状態もとても大事になります。本番で自信をもって受験できるように、今まで使い込んだなじみのある参考書を使って勉強するようにしましょう。

体調管理に気を付けよう

入試の直前には、体調管理が最も重要です。

受験前に問題が解けないと不安になり、夜遅くまで勉強する受験生も多いです。しかし、睡眠不足は体調不良や翌日の集中力の低下につながるため、結果的に勉強の効率が悪くなってしまいます。

そのため、不安であってもしっかりと寝る時間を確保し、翌日の勉強に集中することが大事です。

特に都立国立高校入試のような計算量が多く難しい数学の問題では、「ひらめき」や「高い集中力」が必要となります。

寝不足で集中力が足りない状態では自分の力が発揮できないため、日ごろから十分な睡眠を取る必要があります。

睡眠以外にも、「手洗いうがいをしっかりする」「食生活に気を付ける」など、本人だけでなく家族で協力して気を付けることも大事です。

 

まとめ

入試直前期は、得意な問題ばかりを解くのではなく「苦手を減らす」ということが成績アップのカギです。

過去問を解いた後には解答を見て終わりではなく、自分の間違えた問題に応じた対策を取ることを心がけましょう。

さらに、勉強面だけでなく「体調管理に気を付けること」も大切です。

数学の難しい問題に立ち向かうためにも、睡眠時間は十分に確保してください。受験に向けて生活のリズムを整えながら勉強を進めていきましょう。

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-都立入試

関連記事

no image

都立日比谷高校入試数学!直前期で対策すべきこと!

都立日比谷高校入試の数学を乗り切るためには、直前まで小さなミスを無くすために勉強することが重要です。それでは具体的に入試直前期にやるべき勉強をご紹介しましょう。

都立西高校入試英語独自問題の傾向と対策!長文読解スピードが重要!

都立西高校の英語入試は長文読解がメインです。そのためスピーディーな読解が求められます。ではその力を身につけるために必要な勉強法や対策を時期別にご紹介しましょう。

都立国立高校入試国語独自問題の傾向と対策!長い文章に読み慣れておこう!

都立国立高校の国語入試問題は文章量が多い傾向にあります。それではどのような対策を立てれば良いのでしょうか?具体的な勉強法も含めてご紹介します。

都立新宿高校入試数学!直前期で差をつける受験攻略法とは?

都立新宿高校の数学は時間制限が厳しく、直前期でも「時間内に終われない…」と不安を抱える人も多いはず。この記事ではそんな数学に不安を抱える受験生に向けて、直前期でもできる勉強法や、合格に一気に導く逆転のマインドを全て解説します!

都立高校入試の国語で中3夏前に対策すべきこと!夏休みまでに基礎を確実に固めよう!

都立高校入試の国語を乗り切るためには中3夏前の過ごし方が非常に大切。学校の授業も活用しつつ基礎事項を押さえることで夏休みからの勉強の質が変わります。今回はこの時期に具体的にやるべき対策をご紹介しましょう。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中