都立入試

都立墨田川高校入試英語!直前期で対策すべきこと!

更新日:

都立墨田川高校の入試まであと少し…!しかし、入試の直前期になって何を勉強すればいいのか分からなくなってしまう人も多くいると思います。

そこで今回は、「入試直前期の英語に関する対策方法」について説明します!「点数が伸びていないのに、入試まで時間がない!」と焦っている人のための勉強法も掲載しているので、参考にしてください!

 

入試直前期で対策すべきこと

まず、入試直前期として特に秋から冬の時期に対策すべき事項についてまとめました。英語は過去問と似た問題が出題されやすい科目です。特に長文への対策は入念にやっておきましょう。

科目への対策だけでなく、この時期からは試験当日に向けて生活習慣を改善していくことも重要となります。

苦手を徹底的に潰しましょう

都立墨田川高校を目指している人は、中3の秋頃から「過去問」に取り組んでいることと思います。

都立墨田川高校では特に過去問と似た問題が出題される傾向にあります。過去問で苦手な問題が出題されるということは本番でも苦手な問題が出題されるということです。

短いですがまだ時間はあります。今のうちに潰してしまいましょう。

必ず時間を計って過去問に取り組み、その後は必ず復習してください。正解だったかどうかより「ちゃんと解けたかどうか」が重要です。

正解できなかったり、実は当てずっぽうが当たっただけだったりする問題があればそれがあなたの苦手な分野です。

過去問の場合、解答解説がありません。そのため苦手な分野の問題があれば、復習として自分なりの解説を作ってみてください。

このように解けなかった問題の解説を作ることで、自分の苦手な分野の復習もまとめて取り組むことができます。なぜなら理解していなければ解説を作ることはできないからです。

しっかりと復習して当日に挑みましょう。

長文に慣れましょう

都立墨田川高校の英語では長い長文問題が出ます。そのため長い英文に慣れておく必要があります。

もっと早い段階から始めた方が良いですが、今からでも英文に慣れておくべきです。方法としては1日1つ英文を読んでみるのも良いでしょう。

入試では1,000語程度の英文が出題されます。そのため、同じくらいの長さの英文を1日1本読んで理解できているか確認することをおすすめします。

これを続けることで、試験2週間前だとしても14本の英文を読むことができます。

なるべくたくさんの英語を読んでおくことで英語を早く読む練習ができます。

英語を聞く練習をしよう

リスニング試験に慣れるために英語を聞く練習をしておきましょう。

直前だけやればいいと言うわけではありませんが、しっかり英語に耳を慣らしておくことは重要です。

勉強方法としては、普段聞く英語を2倍速で聞く練習をするのも良いでしょう。早い英語に慣れておくことで、試験の英語がゆっくりに感じられるようになり、落ち着いて試験に取り組めます。

朝型の生活習慣に慣れましょう

都立墨田川高校の入試は朝から試験が行われます。試験が始まる時間の2時間前には起きる生活習慣を身に付けておきましょう。

この時期は点数が伸びずに焦って遅くまで起きて勉強してしまいがちです。そのせいで朝行われる入試で調子が出なかったら意味がありません。

そのため無理せずしっかり睡眠をとって朝勉強しましょう。人間の集中力は朝が一番高いと言われています。夜の疲れた頭で勉強するより朝勉強したほうが集中できると思います。

 

入試1週間前から当日までの直前対策

特に入試1週間前から気をつけるべきことをまとめます。入試当日をベストなコンディションにするためにこの時期の体調管理は特に重要です。これまでの努力を信じて無理しないようにしましょう。

体調管理に気を付けよう

入試の当日に風邪を引いて本調子が出なかったのでは今までの努力が水の泡です。当日に万全のコンディションで挑めるよう体調を整えておきましょう。

入試直前期になると、「勉強しなくてはいけない」という気持ちが強くなり夜遅くまで勉強する人も多くいるでしょう。

不安なのはもちろん分かりますが、しっかり睡眠と食事を摂って体調管理に努めることが大切です。

また、試験が行われる冬というのは、風邪やインフルエンザになりやすい時期です。そのためしっかり防寒対策をして普段の登下校など外出時は気をつけましょう。

直前に確認するための資料を作ろう

これまでの受験勉強で苦手な分野、うろ覚えな単語など見つかっていると思います。

試験の直前5分程度に確認するためのB5~A4くらいの資料を作っておきましょう。

試験直前に見て効率的に復習できるのはもちろんのこと、作る段階で再度復習ができます。一石二鳥なのでやっておいて損はないでしょう。

 

まとめ

入試直前の時期には特に苦手な分野に集中して対策をしましょう。もうほとんど時間は残っていません。理解できている内容に割く時間はないのです。

苦手な分野を徹底的に復習して万全の状態で試験に挑みましょう。

また、当日集中して試験に取り組めるように体調を万全にすることが何よりも重要です。これまでの努力の結果を出し切れるように調整して合格を勝ち取りましょう。

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-都立入試

関連記事

都立戸山高校の受験情報と入試の傾向・対策 |文量の多い問題を制限時間以内に解こう

都立戸山高校は都内で2番目に古い高校であり、国公立大学の入試に強い進学校です。この記事では、都立戸山高校の受験情報と入試の傾向・対策方法についてまとめています。

都立立川高校入試の英語!出題傾向と対策とは?

都立立川高校の英語は、スピードと作文力、長文読解力が求められます。時間が足りなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。本記事では、長文の解き方などを中心に都立立川高校入試の英語対策を解説します!

都立高校入試英語の傾向と対策!「聞く」「読む」「書く」のスキルを身につけよう!

都立高校入試の英語科目では「聞く」「読む」「書く」のスキルが必要です。その能力を身につけるために必要な対策や勉強法をご紹介します。

都立戸山高校入試数学!直前期で対策すべきこと!

都立戸山高校の数学の入試を乗り切るために、直前期にはどのようなことに取り組むべきなのでしょうか?具体的な対策をご紹介しましょう。

都立高校入試社会!中3冬休み~直前期で対策すべきこと!

都立高校入試直前期は焦り始める受験生も多いでしょう。しかし社会に関してはこの時期からでも巻き返しは可能です。具体的な対策法を知り、当日高得点を狙えるようにしましょう。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中