勉強法社会の勉強法

高校入試対策!社会・地理の「ヒートアイランド現象」を理解して得点源を増やそう!ポイントを押さえ勉強法を徹底解説!

更新日:

近年、年を追うごとに夏の暑さが厳しく感じられますね。

世界や日本全体の気候変化もさることながら、都市部では「ヒートアイランド現象」による気温上昇も見られます。

高校入試の社会科では、この「ヒートアイランド現象」について問う問題も出題されることがあります。

記述問題が出ることもあるので、この記事でしっかり理解を深めておきましょう。

ヒートアイランド現象とは

ヒートアイランド現象とは、高層ビルが立ち並ぶ大都市の中心部でみられる、気温が周辺地域よりも高くなる現象です。

都市の高温化とも表現されます。

日本の大都市である東京・大阪・名古屋などで見られます。

「都会・大都市」で「夏」に見られる現象であることを押さえておきましょう。

高校入試のヒートアイランド現象に関する出題傾向

都立高校入試では、ここ5年間でヒートアイランド現象という言葉が直接出題されたことはありません。

しかし、ヒートアイランド現象は大都市特有の現象として、その他の都市部に特徴的な事柄と組み合わせて出題される可能性は十分にあります。

また、なぜヒートアイランド現象が起こるのか、原理を理解しておくことも大切です。

この記事では、

  • なぜヒートアイランド現象が起こるのか
  • 関連して押さえておきたい用語

について詳しく解説していきます。

ヒートアイランド現象とは?

ヒートアイランド現象とは、高層ビルやアスファルトの多い都市の中心部特有の現象のことで、気温が周辺地域よりも高くなります。

そのため、ヒートアイランド現象が起こる仕組みを考えるときは、大都市と郊外にどんな違いがあるのかをイメージすることが大切です。

ヒートアイランド現象の仕組みについて

大都市と郊外を比較したとき、まず高層ビルがたくさん立ち並んでいるかどうかという違いに気が付きますね。

そしてヒートアイランド現象が起こる季節は夏です。

そこで夏の高層ビルをイメージしてみましょう。

暑い外から高層ビルの中に一歩踏み込むと、クーラーの風がひんやりと心地いいですよね。

実はこのクーラー(冷房・エアコン)こそがヒートアイランド現象の大きな原因の1つです。

クーラーを使うと、室内の空気は涼しくなりますが、室外に設置された室外機からは涼しくなった分だけ熱が外に出されます(放熱)。

どんな建物でクーラーを使っても室外機からの放熱は起こりますが、高層ビルの場合、クーラーを使っている部屋が高く積みあがったような状態です。

そのため、同じ土地面積をもつ一般住宅などに比べて放出される熱量が大きくなり、屋外の気温が上昇するのです。

これがヒートアイランド現象の仕組みです。

さらに都市部は地面がアスファルトに覆われており、草地などに比べて熱がたまりやすくなっています。

そのため日中は熱が上空に逃げていきにくく、日中に蓄えられた熱が夜になっても残っているため「熱帯夜」という寝苦しい夜が見られます。

他にも、

  • 高層ビルが立ち並んでいて風の通りが悪いことも熱がたまりやすい原因になっている
  • 車の交通量が多く、車からの排気ガスと放熱がたくさんある
  • 人口も多いため、冷房効率が悪い
  • 屋外が暑いためクーラーがさらに必要になり、悪循環

といったさまざまな要因でヒートアイランド現象は起こっています。

解決策としては都市に植物を植える「緑化」などが進められていますが、まだ問題解決には至っていません。

自分でできることから社会の仕組み全体まで、幅広いスケールでの対策を自分でも考えてみましょう。

ヒートアイランド現象と関連するキーワード

ここでは、ヒートアイランド現象と一緒に出題されそうなキーワードを紹介します。

他のキーワードとどう関連するのか、つながりや問題点を意識しながら覚えていきましょう。

ゲリラ豪雨

近年は、短時間のうちに大雨をもたらすゲリラ豪雨(局地的大雨)がよく発生しています。

このゲリラ豪雨は、気温の高くなる夏に関東地方などのいたる所で発生していることから、しばしば都市部の夏の特徴としてヒートアイランド現象と並んで取り上げられます。

ゴミ問題

ゴミ問題は、ヒートアイランド現象と関係性はないですが、同様に都市部で見られる問題です。

もちろん郊外でもゴミ問題は課題となっていますが、特に人口の多い都市部はゴミの量が多いです。

また土地も少ないため、埋め立て地やゴミ処理場の不足が問題となっています。

こうしたゴミ問題も、都市問題の1つとして合わせて述べられることが多いので、合わせて覚えておきましょう。

ヒートアイランド現象の入試問題を解いてみよう

それでは、実際の入試問題を解いてみましょう。

次の問題は平成27年度千葉県公立高校入試問題の大問1から抜粋したものです。

”次の文章中の(   )にあてはまる適当な語をカタカナで書きなさい。

大都市では、地表面がアスファルトやコンクリートなどの人工物に覆われたり、自動車やエアコンから排出される熱が増えたりしている。このような都市化の進展により都市部の気温が周辺部よりも高くなる(   )現象が見られる。”

では、さっそく解いていきましょう。

……とは言っても、問題文がそのまま「(   )現象」の解説文になっていますね。

もちろん、(   )にあてはまる語は「ヒートアイランド」です。

この問題では現象の名称を答えさせていますが、逆にヒートアイランド現象を説明させることもあります。

上の問題文のような解説文を問われても答えられるようにしておきましょう。

ちなみに、上の問題では「(   )にあてはまる適当な語をカタカナで」という指示があるので「ヒートアイランド」のみが答えになります。

「ヒートアイランド現象」と書いてしまうと不正解にされる可能性がありますので、ケアレスミスにも注意しましょう。

ヒートアイランド現象の直前対策法!

それでは具体的に、ヒートアイランド現象の直前対策としてどのようなことに取り組めば良いのでしょうか?

自分で説明できるようにする!

高校入試では、選択肢や用語を答える問題の他に記述問題も出されます。

とくに今後は記述問題が増える可能性もあるため、ヒートアイランド現象を自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

キーワードとしては大都市(都市部)・郊外・夏・気温の上昇といったものを盛り込むと良いでしょう。

まとめ

ヒートアイランド現象が理解できたでしょうか?

日本の大都市が抱える問題として、きちんと理解して解決策を考えられる思考力を育てていきましょう。

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-勉強法, 社会の勉強法

関連記事

高校入試規則性の傾向と対策!考え方をマスターしよう!

高校入試で出題される規則性は、大体の都道府県で正答率が低い問題になっています。しかし、規則性の考え方を理解して、規則性に慣れていきましょう。この記事では、規則性の対策と傾向について解説します!

【高校入試】理科の「仕事」って何?計算の仕方・苦手克服のポイントをすべて伝えます!

中学理科の「仕事」がわかる!考え方や解き方のコツ、高校受験に向けて押さえたいポイントをすべてご紹介します。この記事を読んで得意分野を増やしましょう!

もったいない失点を無くそう!高校入試数学で計算ミスをなくすコツ!

入試においてはたった1つの計算ミスが合否を分けることもあり得ます。もったいないミスで合格を逃さぬように、計算ミスをしないためにすべきことを学びましょう!

合格するノート術!ノートまとめはするな!?東大生が伝える、高校受験のノート活用法!

高校受験で合格するための「本当に正しいノート術」を知っていますか?成績が上がらない人は、まだ間違った使い方をしているかも…。ここでは合格のためのノート術をご紹介していきます!

【高校入試】理科の「光合成」って何?図解で理解につながるポイントをすべて伝えます!

中学理科の「光合成」がわかる!理解につながる考え方のコツから入試問題の出題傾向まですべてお伝えします。この記事を読んで光合成を得点源にしましょう!

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中