勉強法社会の勉強法

高校入試対策!社会・地理の「三角州」がわかる!得点源にするための勉強法を徹底解説!

更新日:

中学社会・地理で避けては通れない「三角州」

この記事では地形の成り立ちから丁寧に解説して、着実な理解をサポートします!

三角州とは

三角州とは、川の河口部に土砂がたまってできた地形です。

水がたまりやすい(水はけが悪い)という特徴があるため、昔から水田として利用されてきました。

近年では人口増加にともない、住宅地としての利用も多くなっています。

その形状がギリシア文字のデルタ(Δ)に似ていることから、三角州はデルタとも呼ばれます。

三角州の成り立ち

三角州は川がつくる地形の1つです。

まずはその三角州の成り立ちから見ていきましょう。

山から流れ出す川は上流で山を削り、そのときに生じた土砂は川の流れに乗って下流まで運ばれていきます。

上流では山の斜面に沿って流れるため川に勢いがあり、土砂はあまり堆積することなく運ばれていきます。

ところが、川の流れが平野部にさしかかって勢いが弱まると、粒の大きな砂や石は運べません。

運ばれなくなった粒の大きな砂や石はそこで堆積し、どんどんたまって扇状地ができます。

そして平野や盆地でも堆積しなかった粒の小さな砂や泥は、さらに下流まで運ばれます。

そうして運ばれた粒の小さな砂や泥は、川が海に流れ出る河口部でようやく堆積します。

この河口部で砂や泥が堆積してできた土地が三角州です。

三角州の特徴と活用方法

三角州は粒の小さな砂や泥でできているので、水が地下にしみこみにくいという特徴があります。

そのため三角州では水をためておきやすく、昔から水田によく利用されてきました。

また、三角州ができるのは川の河口部なので、海や港に近いという立地の特徴もあります。

海や港の近くは、工場が建てやすく漁業や貿易業なども活発に行えるため、人が多く集まりやすい場所だと言えるでしょう。

それゆえ近年では、水田のほかに住宅地として三角州を活用しているところも増えています。

代表的な三角州

それでは、三角州の代表例をいくつか見てみましょう。

世界的に有名な三角州にはエジプトのナイル川デルタがありますが、日本には次のような三角州があります。

  • 淀川の三角州(大阪府)
  • 太田川の三角州(広島県)
  • 馬場目川の三角州(秋田県)
  • 恋瀬川の三角州(茨城県)

このうち、淀川と太田川の三角州は住宅地として開発され、大阪と広島という大都市になっています。

淀川

太田川

(Googleマップより)

一方、馬場目川と恋瀬川の三角州では水田が多く見られます。

馬場目川

恋瀬川

(Googleマップより)

おおまかな傾向として、都市部の三角州は住宅地、地方の三角州は水田として利用されることが多いようです。

三角州と扇状地の違い

それでは、同じように川がつくる地形として、三角州と混同しやすい扇状地との違いを整理しておきましょう。

三角州と扇状地には、次の3つの大きな違いがあります。

  • できる場所
  • 特徴
  • 土地の利用方法

これらの違いを表にまとめて整理しておきましょう。

こういった違いがあることをおさえ、混同しないようによく覚えておくことが大切です。

https://kokojuken.com/ss-senjyoti

三角州の入試問題を解いてみよう

それでは、実際の入試問題を解いてみましょう。

次の問題は、平成29年度都立高校入試大問3から抜粋したものです。

“次の略地図を見て、あとの問に答えよ。

[問]次のア~エの文章は、略地図中にA~Dで示したいずれかの都市とその都市を流れる河川の様子をまとめたものである。略地図中のAに当てはまるのは、次のア~エのうちではどれか。


この都市は、標高1339mの山を水源とし、例年、梅雨前線の影響を受ける時期の水の流量が最も多く、流域面積1710㎢の河川の河口に位置する。三角州上に築かれた城下町は政令指定都市へと発展し、分流する一部の河川の河岸には遊歩道が整備され、「水の都」と呼ばれている。


この都市は、標高1840mの山を水源とし、例年、台風の影響を受ける時期の水の流量が最も多く、流域面積16840㎢の河川の河口に位置する。近海の潮目(潮境)は好漁場となり、漁港として栄え、いわしなどの漁獲量は現在も日本有数を誇り、鮮魚を提供する商店が立地している。


この都市は、標高452mの山を水源とし、例年、梅雨前線の影響を受ける時期の水の流量が最も多く、全長107kmの河川の河口に位置する。冬季でも温暖な気候を生かし、この都市の中心部には南国風の花や、椰子(やし)などの街路樹が植えられている。


この都市は、標高2035mの山を水源とし、例年、雪解けの時期の水の流量が最も多く、全長229kmの河川の河口に位置する。この都市の周辺は、高価格で取り引きされる銘柄米を栽培する穀倉地帯で、港町として栄えた時代の米の貯蔵庫は、歴史的な景観として保存されている。”

それでは、さっそく解いていきましょう。

選択肢を順に見ていくと、アは

・梅雨前線の影響を受ける時期の水の流量が最も多い
→梅雨のある地域

・三角州上に築かれた城下町は政令指定都市
→大阪や広島などの大都市

ということが読み取れます。

よって、アはCです。

続いてイを見ていきましょう。

・台風の影響を受ける時期の水の流量が最も多い
→台風の進路になりやすい太平洋側の都市

・漁港として栄え、いわしなどの漁獲量は現在も日本有数
→いわしの漁獲量が第1位なのは茨城県

ということから、イはBです。

ウについては、

・梅雨前線の影響を受ける時期の水の流量が最も多い
→梅雨のある地域

・冬季でも温暖な気候&南国風の花や椰子(やし)などの街路樹
→日本の中でも南のほうの地域

であるので、ウはDとなります。

最後にエを確認しましょう。

・雪解けの時期の水の流量が最も多い
→北の地域や日本海側など雪の多く降る地域

・銘柄米を栽培する穀倉地帯
→米の生産量が多い地域

ということから、エがAに当てはまります。

よって、答えはエです。

三角州の直前対策法!

それでは具体的に、三角州の直前対策としてどのようなことに取り組めば良いのでしょうか?

三角州と扇状地の違いを確認する!

直前期になり知識量が増えてくると、似たような事柄を混同しやすくなってしまいがちです。

そのため、とくに三角州と混同しやすい扇状地との違いをしっかりおさらいしておきましょう。

なぜこのような違いが生まれるのかわからなくなってしまったら、三角州と扇状地の成り立ちを復習してみるのがおすすめです。

また、表にある水田・果樹園・桑畑の地図記号もあらためて確認しておきましょう。

まとめ

三角州について理解できたでしょうか?

わかりにくいと感じる部分があったら、解説を読み返したり地図帳を眺めたりして早めに解消するようにしてくださいね。

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-勉強法, 社会の勉強法

関連記事

「飽和水蒸気量」ってどういう意味?これだけは知っておきたい勉強法

分かっているようで分かっていない「水蒸気」「湿度」といった言葉。高校入試で必須の「飽和水蒸気量」「露天」を分かりやすく説明します。勉強法・ポイントがはっきり分かる!

中学理科『水溶液』高校入試頻出の「濃度を求めよ」がスラスラ解けるようになる!

高校入試理科に頻出の「食塩水の濃度を求めよ」という水溶液に関する問題。しかし、苦手なあなたもこの記事を読めばスラスラ解けるようになります!具体的に4つのパターンに分けて攻略法をお伝えしましょう。

高校入試対策に向けて!理科『コイル・モーターの仕組み』の勉強法!

中学理科で学ぶコイルの働き。入試におけるコイルの問題は必ず磁界との関係で出題されます。ここではコイルをどのように学んでいったらよいのか分かりやすく解説します。高校受験生必見!

空間図形は難しくない!平面との関係性を考え、効果的に勉強しよう!

空間図形は図形問題の集大成です。高校受験勉強の際には、平面図系との関係性を考えながら、効果的に学んでいきましょう!

高校入試対策!英語の「比較」を得意にするためのポイント解説をお届けします!

中学英語の「比較」がわかる!表現の仕方から使い分け方法、ケアレスミスしやすいポイントまで丁寧にお伝えします。この記事を読んで比較を得意分野にしましょう!

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中