参考書社会の参考書

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」での勉強法とノートの活用について!

更新日:

中学歴史をまんべんなく学びたい人におすすめなのが「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」です。

200ページ弱の充実した参考書となっていて、中学歴史の基本から応用や発展まで幅広く学べます。

解説が充実しているため参考書として活用できます。加えて「整理ノート」と呼ばれる書き込み式のノートが付帯されているため、空欄を埋めながら学べる仕組みが作られているのです。

このように「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」は解説が充実し整理ノートもあることから、中学歴史をしっかりと学べます。

具体的にどのような学習をすれば良いのか理解していきましょう。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の基本情報


「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」は、中学歴史の基本から応用まで幅広く学べる参考書です。中学歴史に苦手がある人はもちろん、入試に向けて充実した勉強がしたい人でも利用できます。

参考書部分では重要な語句が強調されているため、どの部分を中心に学習すれば良いのか分かりやすくなっています。

社会は様々な用語が出てくる教科です。そのため、どの部分から覚えれば良いのかを迷わず理解できることで勉強しやすくなるでしょう。

また、これに対応する整理ノートも付帯されています。こちらも利用すれば、自分でノートを用意しなくても書き込み式の学習ができます。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の特徴

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」は幅広く内容が網羅された参考書です。具体的にどのようなものか解説します。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の特徴1:テキストとノートがある

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」には、参考書の他に書き込み式のノートが用意されています。

最初からノートが用意されていますので、個別に書き込み式ノートの参考書や問題集を購入する必要はありません。

この書き込み式ノートは、60ページ程度と充実した内容になっています。簡易的な書き込み式ノートではないためしっかりと勉強できるでしょう。

さらに、この書き込み内容は参考書部分と対応しています。同じ番号が振られていますので、すぐに内容を確認できます。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の特徴2:網羅的に学習できるボリュームがある

この参考書は他よりも比較的ページ数が多いため、網羅的に学習できるボリュームがあります。

参考書によっては1冊では十分な勉強ができない場合がありますが、「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」はそのような心配がありません。

むしろページ数が多く、重要語句として強調されている部分も多いぐらいです。内容を完璧にするためには、それなりの時間がかかると考えてよいでしょう。

この1冊を繰り返し学習できれば、抜け漏れなく歴史の知識を身につけられます。コストも抑えられて一石二鳥です。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」のレベル

レベル:中学校全レベル

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」は中学歴史を学びたい全ての人におすすめです。

すでに学校で歴史を学び始めている人はもちろん、先取りして学びたい人も利用できます。

また、比較的細かい内容まで掲載されていますので、受験勉強に利用する参考書としても十分です。この一冊を完璧にしておけば、受験に必要な基本知識を幅広く網羅できます。

なお、内容量が多いので、歴史に苦手知識がある場合は難しく感じるかもしれません。基本知識から身に付けて少しずつ全てを理解していきましょう。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」シリーズの別の参考書

この「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」は、他にも単元別で「地理」「公民」「理科」などが用意されています。そのため同じシリーズで幅広く中学社会を学べます。

どの教科であっても、中学生全学年が利用できるものです。

「苦手意識を持っているため復習から利用したい人」「先取りのために利用したい人」「入試対策のために難しい内容にチャレンジしたい人」いずれも同じシリーズで学べます。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 重要語句は強調したり囲っておいて欲しい!
  • 解説を充実させてほしい!
  • 基礎から応用まで幅広いレベルを1冊で対策したい!
  • 赤シートを使いたい!
  • 書き込み式で覚えたい!

重要語句がしっかりと強調されている参考書ですので、単語をしっかりと覚えたい人におすすめです。流れを汲みながら学習でき、その中でも重要な単語を把握できます。

また、重要な単語については赤シートで隠せるようになっています。そのため、簡単にテストをしながら学習ができる参考書です。

しかも、その内容は書き込み式ノートでも確認できます。頭の中で覚えているかどうか確認するだけではなく、実際に手で書くことで定着させましょう。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の使い方・勉強法!

ここからは、「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の具体的な使い方をまとめていきます。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」を上手く使いこなすためには、「短い期間で」「何周も」取り組むことが大切です。このことについて詳しく見ていきましょう。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の使い方の基本ステップ

基本的なステップはこのようになっています。

1周目

Step1.
1章分の内容を一通り読み終える
Step2.
もう一度読み直し重要語句を確認する
Step3.
重要語句を覚えられていない場合は再度覚える
Step4.
もう一度確認する

1周目は、全体を一通り読み終えるようにしましょう。ただし、最初から最後まで読み終えるには時間がかかりますので、1章ずつ読み進めることをおすすめします。

歴史ですので最初はある程度流れを理解し、その後に見直しをして重要語句を確認します。重要語句で記憶にないものがあれば、見直しをしながら覚えるようにしましょう。

例えば「教材の前後1ページの説明と一緒に流れで覚える」「(資料であれば)学校で配布される資料集と組み合わせて覚える」などです。

覚えられていない重要語句があれば、覚える作業と確認を繰り返しておきます。

2周目

Step1.
赤シートで隠しながら1章を読み進める
Step2.
分からない語句が見つかった場合は覚えなおし理解する
Step3.
再確認する

2周目は赤シートで隠しながら読み進めましょう。一度学習しているはずですので、ある程度は覚えているはずです。

ただ、人間は忘れるものですので、全てを覚えてはいないでしょう。忘れているのはやむを得ないことですので、その部分を覚えて再テストしておきます。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」の勉強法の大原則

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」を利用するにあたり必ず押さえてもらいたい内容は以下の2つです。

  • なんども繰り返す!
  • かならずテストする!

この2つを守ることで、学んだ内容が頭に定着しやすくなります。

最初に同じ範囲でも何度も繰り返し取り組むようにしましょう。あまり時間を空けてしまうと初めてやるのと変わらなくなってしまいますので、1ヶ月などの期間で繰り返します。

繰り返し学習してみると、勉強した内容の半分程度は忘れてしまっていることに気づきます。人間である以上これは仕方がありませんので、繰り返し学習をして知識を定着させましょう。

また、知識の定着を確認するためにはテストが必要です。なぜなら、参考書を眺めているだけでは「覚えたつもり」になってしまうためです。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」は赤シートを利用して語句の確認ができますので、これでテストをしておきましょう。

こんな使い方は要注意!「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」使い方のコツ

続いては「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」を利用して勉強する際の注意点を解説します。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」使い方の注意

先ほどあげた2つの原則を、もう一度思い出しましょう。

  • なんども繰り返す!
  • かならずテストする!

これ以外にも、「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」では気をつけてほしいことがあります。

いきなり全ての語句を覚えようとしない

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」を利用した学習で唯一注意してもらいたいのは「最初からすべてを覚えようとしない」ということです。

「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」は中身の多い参考書ですので、最初から全てを覚えるのは不可能です。

最初からすべてを覚えようとすると、なかなか前に進みません。せっかく充実した参考書であるにも関わらず、最後までやりきれない可能性があります。内容量の多さに挫折してしまうのです。

そのような状況は避けましょう。そのためには「最初から全てを覚えること」を避けなければなりません。まずは重要な語句を中心に、少しずつ全てを覚えるようにしていきましょう。

こういう使いかたもある!「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」を最大限活用するコツ!

気をつけてほしいこともたくさんありましたが、同じくらい「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」にはいろいろな使い道があります。

自分なりのノートを作成する

「整理ノート」にすでにある穴埋めをするだけではなく、ここに自分なりの情報を書き加え、さらに整理ノートを充実させてみましょう。

単純に書くだけでは整理ノートを一度しか利用しません。せっかくノートがあるのにこれはもったいないことです。

そのためこのノートに、自分なりの情報を追記していくと良いでしょう。例えば「自分なりの難易度」「学校で習った追加情報」「試験で間違えた語句」などの情報を追加しておきます。

穴埋めをすれば書きながらの学習となりますので、見るだけの学習法より効果が高まります。実際に漢字などを含めて書いてみることで、完璧に覚えているかどうかを判断できるのです。

まとめ

この記事で押さえてほしいポイントは次の3つでした。

  • 「なんども繰り返す」「テストをする」
  • 幅広い人が利用できるため、自分にあったレベルから開始する
  • ノートには積極的に書き込みする

最後にもう一度「高校入試 実力メキメキ合格ノート 中学歴史」がおすすめな人をまとめておきましょう。

  • 重要語句は強調したり囲っておいて欲しい!
  • 解説を充実させてほしい!
  • 基礎から応用まで幅広いレベルを1冊で対策したい!
  • 赤シートを使いたい!
  • 書き込み式で覚えたい!

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-参考書, 社会の参考書

関連記事

高校入試向け・おすすめ現代文参考書5選!塾講師が厳選した読解力アップにぴったりの参考書・問題集

現代文は国語の入試問題でメインとなる分野。しかし具体的な対策方法がイマイチわからない方も多いでしょう。そのような時は、ご紹介する「現代文のオススメ参考書5冊」の中から自分に合うものを見つけて使ってみてください!

「システム中学国語論理入門編」で高校入試現代文の苦手とお別れ!正しい使い方と勉強法

現代文は点数が伸びないと思っていませんか?『システム中学国語 論理入門編』は、正しく使うことで現代文の全体像を掴むことができる参考書です。使い方と勉強法をお伝えします。

「英語長文難関攻略30選 高校入試特訓シリーズ」の正しい使い方と勉強法

この記事は、「英語長文難関攻略30選 高校入試特訓シリーズ」の特徴やこの参考書を使った勉強方法をご紹介しています。

基礎力をさらにプラス!「出口の国語レベル別問題集1基礎編」の使い方と勉強法!

国語はいきなり成績を上げるのが難しい教科です。そのためまずは「出口の国語レベル別問題集1基礎編」で、徐々に基礎を固めていきましょう。

高校入試向け・おすすめ英単語帳3選!塾講師が厳選した英単語暗記にぴったりの英単語帳!

英語の問題を解く上で一番の基礎となるのは、やはり「英単語」です。英語は日本語とは全く異なる言語です。今回は、迷ったらまずは使って欲しい王道の英単語帳をご紹介!ここから英語の勉強を始めていきましょう。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中