勉強法社会の勉強法

高校入試対策!社会の「円高円安」がわかる!具体例たっぷりの解説で理解を深めよう!

更新日:

中学社会・公民には「円高円安」という概念が出てきます。

「円が高いの?安いの?何のためにつかうの……?」

この記事でそんな疑問にお答えします!

円高円安とは

円高・円安とは、外国の通貨に比べて円の価値が高くなったか安くなったかを示す言葉です。

円高のときは外国の通貨に比べて円の価値が高く、円安のときは外国の通貨に比べて円の価値が低くなっています。

いろんな外国の通貨に対してつかう言葉ですが、特にドルやユーロに対してつかうことが多いです。

この記事で取り上げる具体例では、円とドルを単位に使います。

具体例で考えてみよう

たとえば、いま1ドル=100円だとしましょう。

1ドルのノートを買おうと思ったら、日本円はいくら必要でしょうか?

1ドル=100円だから100円には1ドルの価値があるということになります。

よって、1ドルのノートを買うのに必要な日本円は100円です。

1ドル=120円になった場合

では、ここから1ドル=120円に変化したらどうなるでしょうか。

今度は1ドルのノートを買うのに120円必要なことになります。

さっきは100円あれば1ドルのノートを買えたのに、今度は100円では同じ値段のノートを買えません。

つまり100円の価値が下がってしまった、ドルに対して円の価値が安くなってしまったことになります。

1ドル=100円から1ドル=120円のように、1ドルあたりの円の値段が高くなることを円安といいます。

1ドル=80円になった場合

それでは、1ドル=100円から1ドル=80円に変化したらどうなるでしょうか。

今度は1ドルのノートを買うのに必要な日本円は80円になります。

さっきは1ドルのノートを買うのに100円必要でしたが、今度は80円で同じ値段のノートを買うことができます。

つまり100円の価値が上がった、ドルに対して円の価値が高くなったことになります。

1ドル=100円から1ドル=80円のように、1ドルあたりの円の値段が低くなることを円高といいます。

円高と円安の覚え方!

ここまでの内容を一度整理しましょう。

円安:1ドルあたりの円の値段が高くなること
円高:1ドルあたりの円の値段が低くなること

「円安なのに高く、円高なのに低くなるの……?」と感じてややこしいですよね。

確かに「1ドル=〇〇円」の数字の部分だけ見るとこんがらがってしまいます。

そこで、次のように言い換えてみることをおすすめします。

  • 円安:1ドルあたりの円の「価値」が安くなること
  • 円高:1ドルあたりの円の「価値」が高くなること

1つずつ説明していきます。

まずは「円安」について。

1ドル=100円から1ドル=120円というように円安が起こると、同じ100円でも1ドルのものが買えなくなってしまいます。

もともとは買えたものが買えなくなるということは、円の価値が下がってしまったということです。

つまり、円安とは「円の価値が安くなる」ことです。

次に「円高」について。

上記の円安とは逆に、1ドル=100円から1ドル=80円というように円高が起こると、100円で1ドルのものを買ってもおつりがきます。

もとは100円出してやっと1ドルのものが買えたのに対して、円高のときに同じ買い物をするとおつりがくるくらい円の価値が高まっているということです。

つまり、円高とは「円の価値が高くなる」ことです。

円高・円安は円(の価値が)高(い)・円(の価値が)安(い)という意味だと覚えましょう!

比較対象は「すぐ前の値」である点に注意しよう

ここまでは例として

  • 1ドル=100円から1ドル=120円になった場合
  • 1ドル=100円から1ドル=80円になった場合

を見てきましたが、比較対象は「すぐ前の値」であることに注意しましょう。

わかりやすくするために1ドル=100円を基準にしてみましたが、必ずしも一番最初の1ドル=100円が比較対象になるわけではありません。

たとえば

  • 1ドル=100円から1ドル=80円になった場合:円高
  • 1ドル=80円から1ドル=90円になった場合:円安
  • 1ドル=90円から1ドル=100円になった場合:円安

となります。

「すぐ前の値」と比較することを押さえておきましょう。

なぜ円高や円安が起こるの?

それでは、そもそもなぜ円高や円安といった考え方が必要なのかを見ていきましょう。

それは、通貨の異なる国と経済取引をする際には通貨の交換が行われるからです。

日本では通貨の単位に円を使っていますが、アメリカではドル、フランスならユーロ、中国なら元というように国によって使っている通貨の単位は異なります。

日本に来た外国の方が日本で買い物をするときには日本円で支払いをする必要がありますよね。

このとき、他の通貨と日本の通貨は決まった交換比率に従って交換されています。

この交換比率を為替相場(為替レート)といいます。

クレジットカードを使って買い物をするときにも、目には見えないかもしれませんがこうした通貨の交換は行われています。

たとえばドルを使っている国と通貨の交換がなされると、日本の銀行が保有するドルの在庫量が減ったり増えたりします。

すると、この増減を調節するために銀行間でもドルの売買が行われます。

このような取引は世界各地でいつもたくさん行われているので、銀行にある外国の通貨の在庫量も刻一刻と変化します。

この変化に応じて外国の通貨に対する円の価値も変動するのですが、価値の変化を表すのにいつも1ドル=〇〇円という表現を使っていては価値が上がったのか下がったのかすぐにはわかりません。

その前の状況と比較して価値が上がったか下がったかを表すために、円高・円安という言葉が使われているのです。

円高円安の練習問題を解いてみよう

それでは確認のために問題を解いてみましょう。

“家族でオーストラリア旅行をすることになったリカさんは、現地でコアラのぬいぐるみを買おうと思いました。
ガイドブックには10ドルのぬいぐるみが紹介されていたので、10ドル分のおこずかいが必要です。
旅行が決まった時は1ドル=100円だったので、リカさんは1000円用意して旅行に行きました。
旅行に行くと、お父さんが「今は日本で見たときよりも円高になっているなぁ」と言いました。
さて、リカさんはコアラのぬいぐるみを買えたでしょうか?”

では、早速解いていきましょう。

注目したいのはお父さんの発言です。

オーストラリアに着いたときは、日本にいたときより円高になっていたのです。

円高とは「円の価値が高い」という意味でしたね。

つまり、同じものを買ってもおつりがくるくらい、ドルに対して円の価値が高まっていることになります。

よって、リカさんは無事に用意した1000円で10ドルのぬいぐるみを買うことができます。

例えば、1ドル=100円だったのが円高で1ドル=90円になっていた場合、10ドルのぬいぐるみを買うのに必要な日本円は900円です。

1000円出せば100円のおつりがくる、円の価値が高い状態。

それが円高です。

円高円安の勉強方法

問題の感覚がつかめたところで、勉強方法をまとめましょう。

具体例で繰り返し考えよう

円高円安のイメージをつかむには、為替が変わった場合の買い物を想定してみるのが一番です。

何度も繰り返しイメージトレーニングをしてみましょう。

「の価値が」を入れて覚えよう!

円高と円安を混同してしまわないよう、

  • 円高は円(の価値が)高(い)
  • 円安は円(の価値が)安(い)

というふうに、間に「の価値が」を入れて覚えましょう!

まとめ

円高・円安が理解できたでしょうか?

ややこしい概念のように思えますが、何度も繰り返しイメージすることでだんだん理解できるようになります。

為替は大人になってからも必要な知識なので、今のうちにバッチリ押さえておきましょう!

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-勉強法, 社会の勉強法

関連記事

【高校入試】理科の「仕事」って何?計算の仕方・苦手克服のポイントをすべて伝えます!

中学理科の「仕事」がわかる!考え方や解き方のコツ、高校受験に向けて押さえたいポイントをすべてご紹介します。この記事を読んで得意分野を増やしましょう!

【高校入試】理科の「天気」って何?図解で苦手克服のポイントをすべて伝えます!

中学理科の「天気」がわかる!考え方のポイントを整理して「天気」を得点源にできる勉強法をお伝えします。この記事を読んでライバルに差を付けましょう!

中学理科『水溶液』高校入試頻出の「濃度を求めよ」がスラスラ解けるようになる!

高校入試理科に頻出の「食塩水の濃度を求めよ」という水溶液に関する問題。しかし、苦手なあなたもこの記事を読めばスラスラ解けるようになります!具体的に4つのパターンに分けて攻略法をお伝えしましょう。

なぜ苦手なのか?高校入試・食塩水問題の必勝法

多くの高校受験生が苦手意識を持っている「食塩水」。あるポイントをおさえるだけでどんな問題でも解けるようになります。ここでは、その重要なポイントをわかりやすく解説しています。

高校入試社会の工業地帯の傾向と対策!主要な工業地帯・地域と入試に出やすい特徴とは?

社会の工業地帯に関する問題は、ただ単に用語を覚えただけでは解くのが難しいです。それでは具体的に問題を解く時にどのようにすれば良いのか、そのコツなどを見ていきましょう!

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中