勉強法社会の勉強法

複雑な問題でも大丈夫!暗記するだけではダメなんです!高校入試・時差・必勝法!

更新日:

「時差」…簡単そうだけど、いざ求めようとするとどうやって良いかわからない…なんて事はありませんか?

地理は知識の量が試されて暗記勝負な教科という面もありますが、時差は計算問題であるというかなり珍しい単元です。

そのため、ただ覚えるだけでは勝負できません。逆に言えば、計算に慣れてしまえば高得点を取ることができる教科です。

この記事で、入試本番で戦うための準備を一緒にしましょう!

基礎知識をおさえよう!時差のキホン

時差を解くために必要な基本知識があります。一度確認してから問題に取り組みましょう。

おさえてほしい基本知識は主に3つあります。

1・緯度緯線
2・経度経線
3・日付変更線

緯度・緯線

緯度は簡単にまとめると「地球上でどの位置にあるのか」を表したものです。

さらに詳しくまとめると「赤道を0度として北極から南極までを90度に分けるもの」です。そして同じ緯度を結んだ線が緯線です。

言葉だけでは理解しにくいと思いますので、このことを図にまとめたのがこちらになります。

この図から分かるように緯線は「ヨコの線」です。赤道0°の緯線です。赤道から北極までの緯度を北緯といい、赤道から南極までの緯度を南緯といいます。

経度・経線

経度も同様に簡単にまとめると「地球上でどの位置にあるのか」を表したものです。

さらにこちらも詳しくまとめると「本初子午線を0度として東側と西側を180度に分けたもの」です。そして同じ緯度を結んだ線が経線です。

言葉だけでは理解しにくいと思いますので、このことを図にまとめたのがこちらになります。

この図から分かるように経線は「タテの線」です。本初子午線0°の緯線です。本初子午線から西側の経度を西経といい、本初子午線から東側の経度を東経といいます。

そして経度180°日付変更線といいます。この線を西から東へ越える時に1日遅らせて東から西へ越える時は1日進ませます

標準時子午線

その国や地域における標準時刻を定めるための線標準時子午線といいます。日本の標準時子午線は兵庫県明石市を通る東経135°の経線です。

よく出てくる数字なので覚えておきましょう。

これで完璧!時差の解き方

ここまで、基本知識を見てきました。それでは次に解き方をお伝えします。

時差の問題を解く手順は3ステップです。

1・2つの地域の経度の差を求める
2・経度の差をもとに時差を求める
3・1つの地域の時刻をもとにもう片方の地域の時刻を求める

この3ステップをひとつひとつ詳しくお伝えします。

2つの地域の経度の差を求める

まず1つ目のステップです。どのようにして経度の差を求めるのでしょうか?

経度なので「東経」と「西経」の数値を利用します。ここでルールが2つあります。

1・2つの地域の経度が東経同士、西経同士の場合は引き算で求める

例えば東経150°と東経60°の地域の経度の差は、150°-60°=90°で求めます。

2・片方の地域の経度が東経でもう片方の地域の経度が西経の場合は足し算で求める

例えば東経80°の地域と西経70°の地域の経度の差は、80°+70°=150°で求めます。

このルールをもとに経度の差を求めることができます。

経度の差をもとに時差を求める

次に2つ目のステップです。どのようにして経度をもとに時差を求めるのでしょうか?

ここで公式をご紹介します。

時差=2つの地域の経度の差÷15

先ほどステップ1で求めた値を15で割ると時差が出ます。

例えば東経150°と東経60°の地域の経度の差は、150°-60°=90°で求めたので
公式にあてはめて90°÷15=6となり、時差は6時間です。

どうして15で割るのでしょうか?

経度が15°違うと時差が1時間生じます

その理由は地球が1日に1回自転をするからです。

1回転は360°ですね。このことにより、地球は24時間(1日)で360°(1回転)回転するので、360°÷24°=15°になるというわけです。

1つの地域の時刻をもとにもう片方の地域の時刻を求める

最後に時刻を求めて終了です。

ステップ2で時差を求めることができたので、あとは簡単です。

例えば東経150°と東経60°の地域の経度の差は、150°-60°=90°で求めたので
公式にあてはめて90°÷15=6となり、時差は6時間になりましたね。

そこで東経150°の地域の時刻が午後5時であったとします。時差が6時間ということを踏まえると、東経60°の地域は午後11時なのでしょうか?それとも午前11時なのでしょうか?

結論からお伝えすると「午前11時」です。

先ほど経度180°日付変更線のところでお伝えしたことを思い出してください。「日付変更線を西から東へ越える時に1日遅らせて東から西へ越える時は1日進ませます。」というルールがありましたね。

つまり、東へ行くほど時刻は進んでおり、西に行くほど時刻は遅れているということなのです

先ほどの東経150°と東経60°の地域の経度を比較すると東経150°の方が東によっていることがわかります。よって求めたい東経60°の地域の時刻を遅らせます。

いかがでしたでしょうか?このステップに沿って進めれば心配する必要はありません。

パターンを掴もう!時差の出題傾向

では高校入試ではどのようなパターンで出題されるのでしょうか?平成28年都立入試に実際に出題された時差の問題で確認してみましょう。

次の略地図中に示した地点Aが2月1日午前7時のとき、1月31日午後10時である地点は略地図中のア~エのうちではどれか。

今回の問題はすでに時刻がわかっているパターンなので、先ほどの3つのステップを反対から行えば簡単に求められます。

時差の問題を解く手順はこちらの3ステップです。

1・2つの地域の経度の差を求める
2・経度の差をもとに時差を求める
3・1つの地域の時刻をもとにもう片方の地域の時刻を求める

しかし今回はこのように反対に進めます。

1・1つの地域の時刻をもとにもう片方の地域の時刻を求める
2・経度の差をもとに時差を求める
3・2つの地域の経度の差を求める

では、ステップ1「1つの地域の時刻をもとにもう片方の地域の時刻を求める」です。

地点Aが2月1日午前7時のとき、1月31日午後10時である地点」と問題文に書いてあるので、ここのステップは時刻を確認出来たら完了です。

次に、ステップ2「経度の差をもとに時差を求める」です。

2月1日午前7時と1月31日午後10時の時差を求めます。この時にポイントなのが24時間表記で表わすということです。このことにより、見やすく解きやすくなります。

2月1日7時-1月31日22時=9時間

このように計算し、時差は9時間であることがわかります。

最後に、ステップ3「2つの地域の経度の差を求める」です。

時差が9時間ということがわかっているので15°(1時間の時差が生じる経度の大きさ)をかけて経度の差を求めましょう。

9時間×15°=135°

経度の差は135°であることがわかります。

問題文を確認すると、2月1日午前7時の地点Aは東経135°です。また、地点Aのほうが時刻が進んでいることが分かります。このことにより、求めたい地点は地点Aより135°西にあります。

つまり、答えはイになります。いかがでしたでしょうか?

3ステップに従えば簡単に解けたと思います。しかし、この問題のようにステップを1から順番に解くことができないものもあります。

そのため、様々な問題に取り組み対応できる幅を広げましょう。

複雑な問題でも大丈夫!時差の必勝法

今まで解き方までお伝えしてきましたが、実際の入試問題で高得点を取りたいですよね。

しかし入試問題では、単純に解ける問題から複雑になっている問題まで様々です。難易度の高い問題では、飛行機の乗り換え時間や具体的な国名が出てきたりします。

そんな難易度の高い問題にあたったときに重要なのが「世界地図をイメージすること」です。

例えば、日本が夜中の時にアメリカは朝ですね。それはなぜでしょうか?理由は単純で日本の方がアメリカより東に位置しているからです。

このように複雑な問題の時こそ、問題のイメージを抱くことが大切です。世界地図によって空間のイメージができていれば、乗り換え時間や遅延というワードが入ってきても柔軟に対応できます。

まとめ

時差は計算を伴うため、他の単元と異なり多くの受験生が抵抗感を抱いてしまいます。しかし、この記事を読んでくださった皆さんなら大丈夫です。

3つのステップに沿って解けば入試本番でも高得点間違いなしです!しっかりと準備して本番に挑みましょう。

今から対策!高校受験攻略学習相談会

「高校受験攻略学習相談会」では、「高校受験キホンのキ」と「高校入試徹底対策ガイド」が徹底的に分析した都立入試の過去問情報から、入試の解き方や直前に得点を上げるコツをお伝えする保護者・生徒参加型のイベントです。

入試分析に長けた学習塾STRUX・SUNゼミ塾長が傾向を踏まえた対策ポイントを伝授。直前期に点数をしっかり上げていきたいという方はもちろん、今後都立入試を目指すにあたって基本的な勉強の方針を知っておきたいという方にもぜひご参加いただきたいイベントです。

詳しくはこちら

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUX・学習塾SUNゼミの運営を行っている。勉強を頑張っている学生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから勉強効率や勉強法などを届けるWEBメディアの監修を務めている。

-勉強法, 社会の勉強法

関連記事

地図記号の出題傾向と覚え方とは?|高校入試の社会の対策

地図記号の問題は高校入試の社会においてよく出るため、地図の読み取りや地図記号の暗記は重要です。この記事では入試で「よく出る地図記号」から「地図記号の分野ではどんな問題が出題されるのか?」「地図記号の覚え方と注意するべき点」までをまとめました。

中学理科『蒸散』頻出問題のパターンを身につけて高校入試を攻略!必読の勉強法

高校入試理科に頻出の『蒸散』の問題。これは「ワセリンを塗って実験をおこない植物のどの部分から蒸散が行われるのか」を計算で求めるというのが王道パターンです。この記事を読んで必勝の解法を身につけましょう!

高校入試対策!社会の「国会」を理解しよう!ポイントを押さえ徹底解説!

中学社会の「国会」がわかる!考え方のコツから必ず押さえたいポイントまですべてお伝えします。この記事を読んで国会を得意分野にしましょう!

高校入試対策!社会の「円高円安」がわかる!具体例たっぷりの解説で理解を深めよう!

中学社会の「円高円安」がわかる!考え方のコツから混同しない覚え方まですべてお伝えします。この記事を読んで円高円安を得意分野にしましょう!

高校入試確率の傾向と対策!定番問題はマスターしよう!

確率の問題には試験に出題されやすいものがあることを知っていますか。この記事では、確率の傾向と対策とともに、解く方法や注意点についても紹介します。

都立入試の
傾向と対策
高校入試無料相談
参加受付中